40代50代転職、地元中小企業の直接求人案件に応募するメリット

地元中小企業の直接求人に応募するリット
Bさん
Aさん
40代の私、転職サイトでいい仕事を見つけました。
派遣会社の案件だったため、そのまま派遣会社の新規登録を済ませてエントリーしましたが、機械的なお断りのメールが届きました。
Bさん
Aさん
その後、届いたメールの中からエントリーしていますが、全部フラれて心折れそうです。
Eさん
Bさん
それでも、仕事との出会いは運とタイミングだから、複数の派遣会社に登録して、毎日サイトチェックは続けたほうがいいわよ。
40代50代以降は特に「複数の派遣会社に登録」がオススメな理由
エントリーしてもなかなか仕事が決まらないことが多い40代50代60代。 効率良く仕事を見つけるためには、複数の派遣会社に登録することをおすすめします。 このブログの内容 派遣社員を希望する40代50代以降は、複数の派遣...
Eさん
Bさん
それはそれとして、派遣会社や転職エージェントを利用せず、求人企業に直接応募するっていう方法もあるわよ。
Bさん
Aさん
そ、それはなんですか?
Eさん
Bさん
直接応募、特に地元中小企業はねらい目よ。
スルーされることも多いけど、キチンとした返信がもらえることも多いわよ。
ちょっとこのブログを読んでみて。
このブログの内容

40代50代、転職サポートを使わず、地元中小企業が直接求人している仕事に応募してみる

わたし
わたし
【このブログは】
40代から経理の仕事をはじめて、気づけば50代。一般事務から経理事務に路線変更した私の経験を交えた事務職女性の転職応援ブログです。

地元の中小企業へ直接応募のメリット

地元の中小企業への直接応募のメリットは、ふたつ。

ひとつは、直接やりとりができる点です。
転職サイトから直接エントリーすれば、必ず自分のデータを見てもらえます。
ときには年齢ではじかれる場合もあるかもしれませんが、派遣会社や転職エージェントを介していたら、企業側には年齢すらも見てもらえません。
年齢をクリアすれば、自分の職歴やスキルや志望動機も、企業側に目を通してもらえる可能性があります。

直接応募は、スルーの場合もありますが、お返事をもらえることも多くあります。
また、直接のやりとりのため、転職サポートからの返事待ちもなく、話が進むのが早いです。

もうひとつは、これは私の感覚ですが、地元の中小企業は通いやすいひとを求める傾向がある点です。
これまで何社か地元の中小企業の面接を受けてきましたが、近所であると喜んでもらえます。
実際、従業員たちは地元のひとが多いように思います。
交通費が高額にならないためかもしれませんが、地元民であるだけで一歩リードできます。

地元の中小企業へ直接応募のデメリット

地元中小企業への直接応募のデメリットは、3つ。
ひとつは、自分ですべてをやらなければいけない点。
転職サイトから企業を探し、書類チェックもなく応募、面接対策もないため、不採用の場合、理由もわからず、次に向けての改善点も不明のままとなります。
条件交渉も自分で行うこととなります。

ふたつめは、好条件・高待遇とは言えないかもしれない点。
資金が豊富であれば、より幅広い人材から選びたいところ、派遣会社や転職エージェントに依頼せずに直接求人。
転職エージェントへのコストをかけずに人材確保をしていることから、好条件・好待遇は見込めないかもしれません。

3つめは、転職先企業がブラック企業かもしれない点です。
転職エージェントを通さないため、求人票を頼りに自分で判断するしかありません。
せっかく採用となっても、企業の実態を知って退職という失敗の可能性もあります。

地元中小企業の直接求人を探す

転職サイトの中で、地元の中小企業が直接求人をしている案件を探してみましょう。

たとえば、株式会社リクルートが運営する転職サイトはたらいくの場合は、掲載されているほとんどが中小企業です。
全国の求人が掲載されているものの、地域で絞っていくと、地元中小企業の直接求人案件を見つけることができます。

私の場合

「地域」「経理・財務・会計」「50代」で検索。

このとき

職種やこだわり条件などで絞り込み過ぎると検索結果が少なくなります。
最初はゆずれない条件のみで検索しましょう。

つぎに

検索結果が多すぎた場合、ひとつずつ、ゆずれない順に条件を追加していきます。

私の場合

「地域」をより限定的にしました。
すると検索結果は2件だけになりました。
1件は正社員、1件はパートです。

そのほかの転職サイトでも、企業名が派遣会社や転職エージェントではない、中小企業の案件を探してみましょう

Bさん
Aさん
Bさん、Bさん、朗報です。
私も直接応募の仕事を探していたら、「60代以上応援」もありましたよ。
Eさん
Bさん
フン、私はまだ50代ですわ。でも10年後も安心ね。

まとめ

私は前回の転職のときの正社員の仕事も、同じように、地元の中小企業に直接応募で見つけました。

現在また転職活動中です。
転職活動方法は、ひと通りの派遣会社と転職エージェントに登録後、各社サイトをチェックしてポチポチとエントリー。
同時に、派遣会社や転職エージェントを介さない、地元中小企業に直接応募できる案件を探しています。

直接応募に関しては、これまで何件かお断りされていますが、現在2件、面接まで進んでいます。

50代経理事務、パートのWeb面接とマスク面接を受けました
50代の私は経理の仕事を探して転職活動中です。 どういう雇用形態で働こうかと、いまだに定まらない状況。 前回うまくいったからと味をしめてフルタイムの正社員採用をあきらめきれません。 時給も高くブラック企業の可能性も低いから派遣...

ということで、今回は、40代50代の転職で地元中小企業の直接求人案件に応募するメリットについてお伝えしました。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました