50代で転職してみた1

7月からの新しい職場で1週間が過ぎました。
仕事は小さな中小企業での専門職。

確かに面接のとき

専門職ではあるけれど、うちは中小企業だからいろいろやってもらいますよ

って言われてはいたけれど、それでも、ここまで何から何までやるのか。。。と、いまは途方にくれている状況です。

私などは、そもそも専門職といってもそれほどすごい経験があるわけではないので、メインの業務に慣れるだけでも大変でして。

hetoheto

初日。

会社は駅からちょっと離れているので、会社に到着したころには汗だくで息も上がった状態。

誰が誰だかわからないので、出勤してくる方々にだれかれ構わず一回一回立ち上がってはとりあえずご挨拶。
すでにそれだけで神経がすりへり相手の名前はほぼ頭にはいらず。。。

その間、用意してくれていた新しいパソコンを開梱してセッティング。

少人数の会社だからシステム部のひとがやってくれるわけじゃないのは見渡しただけでもわかるけど。

自分でやるのか。。。

更年期の私はダラダラと吹き出す汗が止まらない。

なんだか気分的に早くも、き、き、きびしいー!!

パソコンの配線をどうにかすませ、空いたダンボールをまとめて・・・

ところでこのダンボールと発泡スチロール、どこに置けばいいの??
分別するのよねえ??
紐でしばってまとめるの??
だけど紐はどこだろう??
紐でしばれというならハサミも要るわよねえ??

みなさん週明けの忙しい最中、新人のオバハンどころじゃない雰囲気で、ダンボールだ発泡スチロールだ紐だハサミだって、そんな質問できそうもないムード。
いいや。
みなさんのお邪魔になるかもしれないけれど、とにかくゴミは後回し。

パソコンの設定にとりかかろう。

だけどもともと得意なわけでもないし

Windows10って、よくわからーん。

しかし質問はNGだ。
聞いてはならぬことはすでによくわかった。
誰もが見て見ぬふり、というか、見るヒマもなさそうだ。
どうにか自分でやりきるしかない。

あれやこれやいじくってたらようやくネットはつながった。

とりあえずホッとしたのもつかの間。

ちょっと、電話出てー

と、若い女性からメモ帳を渡された。

ぺ、ペンもお借りできますでしょうか

我ながら使えないオバハン感満載で

もう帰りたーい。

まだ11時か。

kurakura

前の会社もそうでしたが、今は社内のチャットアプリを使って社員同士やりとりするのが主流のようで、こちらの会社も然り。
だけど以前の会社で使っていたアプリとは違うアプリだもので、これでまた四苦八苦。

Outlookは使っていないらしく、個人アドレスはないらしい。
アプリを入れるのにアドレスが必要だってことで新規でgmailのアドレスを取得。

その取得したアドレスを使ってアプリを登録するっていうんだけど、さっきもパソコン設定でパスワード、gmail取得でパスワード、アプリ登録でパスワード、何かといえばいちいちパスワード、一方で電話に出ては取り次いで。

もうわかんないってば、名前もわかんないんだから!!

あんたの取り次ぎメモよりパスワードをメモらせてよ、忘れるだろうが!!

もう完全に別の汗が流れる感じ。

murii

で、チャットアプリの設定がやっとできたので開いたとたん。
ジャンジャンジャンジャンわけのわからないメッセージが大量に入ってきちゃって。

読んでも意味がちんぷんかんぷんだってば!!

と、ココロの中でぼやいてみましたが。

転職ってこんなに大変だったんだっけ??

50代の転職。

どうなることやらの初日のお話でした。