女性が50代で転職してみた2

スポンサーリンク

転職してから2日目。
まだまだ当然慣れるわけもなく、パソコンすらも中途半端な状態。

新しく用意してもらったパソコンにはエクセルやワードが入っていないため、インストールしないとからっぽの状態。
これでは全く仕事にならないので、買ってもらったOfficeを朝からインストールする作業。
前日に設定したMicrosoftの登録情報が関係してくるのでメモってあった情報を入力して四苦八苦しながらようやく完了。
やっと作業に入れるかと思いきや、今度はプリンタの設定がうまくいかない。

taasuketeee

こうしたことは家でもありがちで、落ち着いてネットで調べたりしながら時間をかければ私でもそれなりにできたりするのですが、のんびりやっている場合じゃないし。

ある程度の規模の会社には情報システム部など専門の部署があったり、そうでなくても同じ部署内にエキスパートのようなひとがいて、お願いすればすんなりどうにかしてもらえるから、ついついどこでもそんなものだという頭がありましたが、それは勝手な勘違い。
少人数の会社にはそういうひとがいなかったりもするし、質問すらできない状況というのもあるんですね。
それにしたって何から何まで進まなーい。

若いころから人前で泣くタイプではなかったし、別に今も泣きたいわけじゃないんだけど、いかにこれまであたり前のように多くのひとたちに助けてもらっていたか、改めて気づかされ、同時に、頼れるひとが誰もいない、ひとりぼっちで心細い。

work

あまりにグズグズしていたからか、通りすがりの親切な社員が設定を見直してくれたけどやっぱりうまくいかず『誰それも同じ現象だった』とかなんとかいいながら去って行ってしまいました。
『その後誰それはどうしたんですか~??』
聞きたかったけど聞けませんでした。

でも、これもあたり前のことではなかったのでしょうが、あるべきと思っていたマニュアルも引き継ぎもなく、よくわからない指示が四方八方から飛んでくるだけの2日間で、はじめて社内で親切にしてもらった気がして、その社員の背中に向かって心の中で何度も

おにいちゃん、ありがとぉありがとぉありがとぉぉぉ~

とつぶやきました。

もういいや、とにかく文句や泣き言を言ってる場合じゃない、乗り切らねば。
とりあえず、いちいちプリンタまで行って用紙選択をしなければならないけれどプリントできないわけじゃないし、どうにかなるからこの件は終了。

ハイ、次~!!

次に私が使う専用ソフトのインストール。
これがまたしても変なエラーでインストールが完了しない。
これについてはソフトのサポートセンターがあったのでフリーダイヤルで問い合わせ、『あるパソコン機種に限り特別な設定を追加でやらないとインストールできない』ということだったので、電話の指示通りやったらうまくできました。
それにしても、どうして寄りにもよって私が使うパソコンが『ある機種』なのよぉ。

ってなわけで、本来の業務にはろくに手をつけることもなく2日目も終わっちゃいました。

gaan

相変わらず電話をとってもわけがわからないけど、とにかく聞くべき内容をメモって担当者に渡せって指示なのでひたすら受け付けるコールセンター状態。
本来のやるべき仕事もせず、役にもたたないおぼつかないコールセンターをやってるだけじゃあ、この先クビになりはしないかと心配だわ。
早く本来の業務に集中したい気持ちでいっぱいだけど、この環境で果たしてそんな日はくるのだろうか。。。