50代で転職してみた4、あれから7か月

女性50代、思い切って最後の転職。

その結果、昨年の7月から小さな企業で新たなスタートを切りました。

頼る人もいない、予想以上のバタバタ状態、マニュアルなし、引継ぎなし、パソコンやプリンタやソフトの設定も当然自分で、わけもわからないのにコールセンターのように電話の取り次ぎ、本来の業務に手をつけることなく1日が終わる日もありました。

電話の取り次ぎといっても、隣の人の電話をとるとかですから。
あなたが忙しくてとれないのなら、私も忙しくとれないんですよ。
自分でとればよくないですか。

などと直接言うのは、1年過ぎてからか辞めるときだな。

友人たちは口をそろえて

そりゃ、いつまで続くかねえ

転職したら??

と言いますが。

それはそうと、本来の業務以外のことばかりやっていたら、かろうじて持っている薄っぺらな我が専門知識が退化してパーになる。

いまやそっちのほうが悩みのタネだ。
意を決して社長に直訴。

あのー、ちょっとだけお時間よろしいでしょうか

時間が空いたら

jooshi

お願いしたのはその日の朝一のことでした。
時間が空いたらと言われたままもうすぐお昼。

おなかがすいたけど食べに行くわけにもいかず、いつになったら時間が空くのか、いつになったら声をかけてくれるのか。

いや、待てよ、もう私のことなんて忘れてる??

jooshi

そのまま2時まで待ったけど声もかからないし、だんだん腹が立ってきて

なんなの?
何時ごろとか今日は無理とかなんとかないわけ??
ばかばかしい、お昼行ってこよ。

で、お昼から戻ってきてもまだ声がかからない。

もういいわ
もう一度転職だ、アホくさ
50歳超えたからって何だっていうのよ
こうなったら何回だって転職してやる

と腹をくくっていたら社長が現れ

4時からね

jooshi

だってさ。

なぜそれを最初に言えない。
何時間ヤキモキしながら仕事していたと思っているのだ。

とココロの中でぼやきながらも、元気よく

ハイ!お願いします!

やーよねー、ウチヅラとソトヅラ。

ま、仕方ない、これが社会で生き抜く処世術だ。

そして4時になり、ちょっとした部屋に行き、ようやく思いのたけを伝える時間となった。

時間のないひとに時間をとってもらったわけだし、だらだら話すのではなく、端的に伝えようと、私なりにコンパクトなセリフを用意していた。
そのセリフをもれなく言い切るために、私の中では緊張感が走っていた。
社長への直談判だし。

本来の業務が軌道にのってからほかの業務をやらせてください
なぜなら。。。

いいよ

え?

ん??

はいー???

最後までセリフを言えなかった。

この1か月、私は何のためによくわからない業務に振り回され、若いそっけない子たちから意味の分からない指示をとばされ、本来の業務に手もつけられず、モンモンと帰り道を歩いたのか。

なーんだ、なんだ。

やっぱり言いたいことって言っちゃえばいいのかもなー。

結局どこに行っても1日1日ってこんなことの繰り返しなのよね。
わかっちゃいるけど、何回繰り返しても、そのたび乱される。

ということでひとまず再度の転職は逃れました。
7か月たった今、本来の業務に専念させてもらっています。

それでも、手つかずだったものに手をつける作業のため、一生終わる気がしないという、別のモンモンをかかえながら働き続けております。

先日、2019年6月まで勤めていた会社の前を通ったとき、なんだかグッとくるものがありました。
今思えば良い会社だったし、良いひとたちだったなぁ。

振り返っても仕方ない、今は今だ。