【断捨離活動】過去のアルバム整理、省スペース化を実現し、自分の年表完成。

【断捨離活動】過去のアルバム整理、省スペース化を実現し、自分の年表完成。
ずっと気になっていた古いアルバム。
我が家に置いていたアルバムだけでもスペースをとっていましたが、近ごろ実家の整理により、更に過去のアルバムが我が家の棚に追加されました。

断捨離、引っ越し、実家の整理を機にスペースを占領するアルバムをどうにかしたい。
だけど、過去の写真は捨てられない。
そうはいっても、大量アルバムをどうにかしてスペースを確保したい。

今回は

今回の内容

断捨離に向けて過去のアルバム写真を整理。省スペース化を実現し、ついでに自分の年表ができる方法。

についてをお届けいたします。

スマホ写真になる2003年ごろまでの紙のアルバム写真を一気に整理しました。

省スペースは実現できたし、なぜか断捨離しながら、泣いたり笑ったり、感情が吐き出されてココロの断捨離にもなった気がします。

家中の写真を一か所に集める

まずは家中の写真を一か所に集めます。
近い将来、我が家にくる予定の過去のアルバムもすべて回収します。

あとからポロポロと古い写真が出てくると、このあとの工程でとんでもなく面倒くさいです。

要らない写真を取り除く

全部の古いアルバム写真がそろったら、要らない写真を取り除きます。

指が映り込んだり、うっかりシャッターボタンを押して何を撮影したのかもわからないような写真もアルバムの中にはあるかもしれません。

一見、どうでも良さそうな古い写真も「これはこれで思い出としてとっておきたい」ということであれば、それはそれです。

断捨離を念頭に、自分なりに、それでも大切に紙として保存しておきたいか、取捨選択していきます。

残したい写真を年代順に並べる

残したい写真だけになったら、その写真を年代順に並べていきます。

プリントされた当時の写真は日付の入っていない写真もあります。

ですが、ここでじっくりと、髪型や服装などから察して正しい年代順に並び替えたほうが、あとあと自分の年表ができたときにリアルでとても楽しいです。

すでにこの時点で、いまも仲良しの友達の写真などを見て、ひとりで涙を流したり笑いころげたりして、ココロの断捨離がはじまりました。

スペースをとらないアルバムにおさめる

残したい写真が年代順に並んだら、スペースをとらないアルバムにおさめます。

昔のアルバムは分厚くてかさばります。
簡易的なアルバムもありましたが、それでも、今どきの省スペースタイプのアルバムに比べたら、場所はとるし1冊あたりの収納可能枚数が少ないです。

今回私は無印良品のポリプロピレンL版264枚におさめました。
これはほとんど写真の幅以外の余計な部分がなく、台紙もないため、写真を重ねているだけのような厚さです。

1冊で264枚収納可能なので、後で写真を見返すときに、一気見ができて見ごたえがあります。


ただ、幅は1.5センチと薄いのですが、L版写真が3段2列ですので、アルバム自体の縦横のサイズは大きいです。

ほかにもかさばらないアルバムはあると思います。
収納予定のスペースに合わせて、ムダの出ないアルバムを選ぶことをおすすめします。

写真をアルバムに入れはじめてから、ポロポロと古い年代の写真など、前に入れるべき写真が出てくると本当に面倒くさいのでご注意ください。

省スペースを実現。自分の年表完成。

すべての写真がアルバムにおさまったら、年代がわかるようにテプラなどをアルバム背表紙に貼って完成です。

昔の分厚いアルバムからシンプルな薄いファイル形式のアルバムに変えただけでも実家分と合わせて本棚5段使っていたところ、1段だけでの収納で済むようになりました。

しかも、これまでは色や柄やサイズもまちまちだったアルバムが1種類に統一されたため、とてもスッキリした印象になりました。

私はモノならば昔懐かしくてもバンバン捨てられるのですが、写真だけはどうしても捨てられない人間です。
それこそ、指が映り込んでいたり、何を撮りたかったのかわからないような写真ですら。

そのため、断捨離を遂行中の割には、写真の枚数だけはちっとも減らせませんでした。
ですが、アルバムの占有スペースは5分の1になり、見た目はスッキリし、自然と自分の年表が出来上がっていました。

自分としては断捨離成功!!

新しいアルバムをあらためてイチから眺めてみると、「今の自分」が存在していることが不思議な気がします。

アルバムの中の登場人物は出番を終えるひとたちもいます。
アルバムに出続けてくれているひとたちと、最初からずっと登場している自分とは、アルバムの中でも年を重ねていきます。

そんな中、ある日あるひとがアルバムに登場し、そのひとと結婚をして、それから今年で25年が経ちます。
不思議で不思議でたまりません。

自分が「今の自分」になるために、両親や兄弟や友達や仲間たち、そして夫が、いつも自分の周りで笑っていてくれたことが、1枚1枚の写真から浮かび上がり、あらためて感謝せずにはいられません。

ずっとそばにいてくれたうちのワンちゃんたちとともに成長していく自分をとりまく一瞬一瞬をとらえた写真を、やはり捨てることはできませんでした。

でへ、結局1枚も捨てられませんでした。
でもココロもスッキリ断捨離気分です。

というわけで今回は、断捨離に向けて過去のアルバム写真を整理。省スペース化を実現し、ついでに自分の年表ができる方法についてでした。

面倒なフリマアプリへの出品を代わりに!出品代行サービスの【マカセル】