美しい髪はドライヤーの使い方次第

スポンサーリンク

パサパサの髪をキレイにする方法でもキレイな髪にするちょっとしたコツをお伝えしましたが、今回は特にドライヤーの使い方について、詳しくご説明します。

だいたいのドライヤーには温風と冷風の切り替えスイッチがついていると思います。
この機能、早く髪を乾かすためには温風、風呂上りは暑いから冷風とか、そういうためのものではありません。
髪をキレイに仕上げるためには温風冷風の切り替えは欠かせない機能。
この機能の使い方次第で健康で美しい髪が手に入るのです。

ドライヤーの前の下準備

自然乾燥のほうが髪に熱を加えない分ダメージが少ないと考えていたのは昔の話。
濡れたままの髪は無防備な状態。
表面のウロコ状のキューティクルが開いたままとなりダメージを受けやすく、また頭皮も蒸れて菌の繁殖にもつながります。
雨の日の洗濯物と同じく、サッと乾かないときの洗濯物の生乾きのニオイ、あれが自分の頭で生じるようなものです。

洗濯物の生乾きのニオイが自分の頭からするなんてイヤ!!

お風呂から上がったらまずはタオルドライで水分を取り去りましょう。
タオルドライをしっかりすることでドライヤーの時間も短縮され、髪へのダメージも減少します。
美容院でタオルドライをしてもらうときと同じように、頭にタオルをかぶせて手のひらを使って全体を押さえ、水分を吸収させます。

美容師さんによると新品のタオルは吸水性が低いので、ちょっと使い込んだぐらいのタオルのほうがいいそうです。
私の担当の美容師さん曰く、ちょっと湿らせたぐらいのタオルのほうが吸水性があがるとのこと。
台ふきんでテーブルを拭くときもパリパリに乾いたふきんよりもちょっと湿ったふきんのほうが水気を吸い取るのと同じイメージだそうです。

次に頭皮の水分をとっていきます。
ゴシゴシせずに頭皮のマッサージをするように水気をとります。
充分に頭皮の水分がとれたら今度はタオルで髪を包み込んでポンポンと優しく髪をプレスしながら上から下へとタオルを動かしていきます。

髪が絡んでいても目の細かいクシの使用はNG。
手ぐしで少しずつほぐしていきます。

この時点でキューティクルは開いたままの状態ですのでキューティクルを剥がさないように優しく優しくがポイントです

全体のタオルドライが済んだところでドライヤーの出番です。

ドライヤーの正しい使い方

まずは温風を使って頭皮から乾かしていきます。
ドライヤーを強風スイッチに切り替えて、髪を起こすようにしながら頭皮全体を乾かします。
(切り替えが3段階のドライヤーの場合は中風にして頭皮を乾かします。)

頭皮が乾いたら髪全体を乾かしていきます。
このときドライヤーは強風です。
(切り替えが3段階のドライヤーの場合は強風に切り替えて髪全体を乾かします。)

このとき1か所を集中的に乾かすことは避け、やはり美容師さんがやってくれるように、フリフリとドライヤーを振るようにしながら、最低でも髪から10cm以上離して、まずは乾きにくいえり足や耳のまわりからフリフリ乾かします。

このとき空いているもう片方の手で手ぐしのように動かし、髪に隙間を作ると早く乾きます。
また、その手で髪の温度を確認しながら、髪が熱くなりすぎていないかチェックしつつ乾かしていきます。

美容師さんによると髪は生えている方向と逆に乾かしていくとキレイに仕上がりツヤも出るということです。
自分の髪の生えぐせと逆向きにドライヤーをあてることで髪のお悩みも軽減されるかもしれません。

まあまあ乾いたなと思ったところで弱風に切り替えて、今度は頭頂部から毛先に向かってキューティクルを寝かせるようにドライヤーをあてます。
(切り替えが3段階のドライヤーの場合も弱風にします。)

このあたりからは結構楽しいです。
なぜなら髪がキレイにまとまってくるから。

最後に仕上げは冷風です。
冷風もやはり頭頂部から毛先に向かってキューティクルを寝かせるようにあてていきます。

髪全体を冷やすことでキューティクルが閉じてツヤツヤになります。
これを毎日続けているとある日『健康な髪になったな』と実感できると思います。

美容院の帰りってどうしてこんなにキレイな髪なんだろうと思っていた方も、なんだ自分でもできるじゃん!!って思いますよ。

私のお気に入りのドライヤー

ずいぶん長らく使っていたドライヤーが変な音を発するようになったため、国内約70%の美容室で使われているというドライヤーを購入しました。

【正規販売店!あす楽!送料無料!】Nobby(ノビー)NB3100 マイナスイオンドライヤー ホワイト/ブラック【ドライヤー テスコム ノビィ プロ用 マイナスイオンユニット搭載 1500W 業務用 プロ用 プロ仕様 大風量】

価格:10,800円
(2019/7/23 10:33時点)
感想(995件)

私が使っているのはなんと1500W。
通っている美容室でその話をしたら、やはりその美容室でもこのドライヤーを使っていましたが1200Wでした。
ちょっと強力すぎるのを買っちゃったかなと思いましたが、1500Wですから超速乾。
空いてる手で髪の熱さを確認しながら、決して1か所集中させず、フリフリとドライヤーを振りながら使っていれば大丈夫。
もうこれなしではいられない、最強のドライヤーだと思っています。

切替は1500W、1000W、600Wの3段階でCOOLありです。
評判では重いという意見が多いですが、重いといえば重いけれど、総合的に考えて重さなんてどうってことないと思えるほど気に入っています。
自分で言うのも気がひけますが、手触りが違いますし、ハリとツヤがアップし、健康的で丈夫な髪になったように感じます。

美容室用だからかコードがやけに長いです。
そして簡単にコードを抜ける仕掛けがほどこされています。
予備のフィルタ付で、いったいこれはどんな頻度でどうすればいいのかわからず美容室で聞いてみたところ、半年に1回ぐらい洗って使えばいいとのこと。
マイナスイオン発生切り替えスイッチもついています。
このドライヤーになってから髪のまとまりも良いです。

ドライヤーとその使い方でこうまで髪って変わるものなのか