ふくらはぎのマッサージ&ストレッチ

スポンサーリンク

ふくらはぎは第二の心臓といわれています。
心臓から一番遠い足には血液が循環しにくいため、ふくらはぎの筋肉がポンプのように圧力をかけたり緩めたり収縮しながら血液をスムーズに心臓に戻してくれる役割があるからです。
 

ふくらはぎ、どんな状態ですか?

ふくらはぎを触ってみて張りがあって温かければ健康な状態と言えますが、ブヨブヨしたりカサカサしたり冷たかったりする場合は血液循環がスムーズにいっていない状態と言えます。
 
たとえば、筋肉が不足していると、血液が循環せず水分をため込んでしまい、夕方になると足がむくみ、指で押したらへこんだまま戻らないなどといったことがおこります。
この場合、心臓へ血液が戻りにくくなっているので老廃物や毒素も滞ってしまい足首にくびれがないことにもなります。
そうしたむくみを放っておくと今度はむくみばかりか下半身太りや冷えの原因になります。
足元の冷えが気になる場合はふくらはぎのマッサージは効果大です。
心臓への負担も大きくなりますよね。
 
50代ともなれば何もしなけれが筋肉量は落ちる一方。
むくみや下半身太りや冷えは女性の大敵です。
ふくらはぎの状態が悪いってろくなことではありません。
 
私のように筋肉がなくて冷たくて足をよくつるふくらはぎなんていうのは、50代アラフィフ女性には要注意のふくらはぎなのです。
 

ふくらはぎに筋肉をつける

やはり効果的なのは万能運動スクワット
ご参考までに、スクワットのやり方についてはスクワット1日10回3セットに書いてございます。
 
また、ながら運動で引締め筋力アップでも書きました、かかとの上げ下げ運動もふくらはぎを鍛えるのには効果的。
 
外出先で階段を昇る際、かかとを浮かせて昇るのも効果あり。
ただし、よろめいて転ばないように注意しながらやりましょうね。
 
イスに座っているとき足を前にまっすぐ伸ばした状態で、つま先を遠くに伸ばす、つま先を手前に向けるを繰り返すのもグッド。
意外と簡単なのに負荷がかかりますのでこの方法はオススメです。

ふくらはぎをマッサージする

  1. 血液を心臓に戻すつもりで、両手を使ってアキレス腱からひざ裏までゆっくりとさすりあげる。
  2. アキレス腱からひざ下まで、両手を使って軽く絞るように揉みあげる。
  3. ひざ裏を優しく揉む。

 
お風呂あがりなど、カラダが温まってるときに丁寧にやるとより効果がアップします。
冷え性の方は是非ともやったほうがいいですよ。
お風呂で汗が出るほど温まったと思いきや、お風呂からあがって数十分もするとすでに足が、特に足首あたりから冷えを感じる私としては、これはもう外せない作業です。
それでも足元が冷えてくる。
最大のポイントはは毎日続けること。