気分がふさぐとき

思えばコロナ禍での緊急事態宣言以来、自由に外出ができるようになったとはいえかつての生活に戻った気分ではない。
行動自体も昨年の今頃と比べてみればまるで違った行動だし気持ちの上でも全然異なる。

今日は久しぶりに空は晴れ渡り、最近のどんより天気から解放されて気分もまあまあ晴れ渡る。
けれどやっぱり、それなら、紅葉でも見に行こうかしらとか、冬に向けてコートでも買いに行こうかしらとか、友達誘って食事にでも行こうかしらってことにはなりません。

これって私だけ?

みんなはどうしているんだろう。

みんなと比べたところでどうしようもないことはわかっているけれど、ついつい

ねえねえ、どうしてる?
誰かと会ったりしてる?
外食とかしてる?

などとLINEをしてみたりする。

逆に

元気?
どうしてる?
出かけたりしてる?

などとLINEをもらったりする。

ネットやテレビを観ていると、結構みなさん外出したり旅行をしたり外で食事をしたりしているみたいだけど、どうやら私の周りは自粛が続いているみたい。

そうすると、うちでいる時間が長くなるのよね。
そして考える時間がたっぷりと与えられてしまうのよね。

なのに日が短くなって暗くなるのが早まって、夜の時間が長くなる。
そもそも昼間っから曇り空が続いて一日中薄暗いからたまったものじゃない。

暗ーい中でたっぷりと時間を使って考える。。。

えへへ、やめようよ、こんな状況じゃあロクなこと考えないからね。
みんなも同じ状況よー。
すごく億劫なのはわかるけど、掃除するとかウォーキングするとか、なんでもいいから考えずにカラダを動かして考えるサイクルから抜けるのよー。

世間に振り回さないように。
他人のことを気にしすぎないように。
いろんなことに一喜一憂しないように。

自分がブレると周囲の影響を受けやすくなってしまいます。

私自身自分、自分の軸がブレブレだし、そもそも自分にちゃんとした軸があるのかも不明。

自分の軸を見つけるには、書き出すことが早道らしい。
自分が心地よく感じることや自分が単純に好きなこと。
うちの中を見渡して自分が好きなものの写メをひたすら撮ってみるのもあり。
家族や友人から受け取ってきた言葉の中でうれしかった自分への言葉も書き出す。
自分なりに今までやってきたことの中で、これはと思う良い決断だったと思しきことも書き出す。

そうするどだんだんと自分の軸が可視化されてくる。
私もやってみたけれど、そこに浮き出てくるのは、なんとなく自分で感じていた自分だったり、意識はしていなかったけどなりたいと目標にしている自分だったりしました。
それがやっぱり自分の芯なのだと思います。

その自分の芯を信じて、そんな自分を好きになって、愛しく思って。
いろんなことに惑わされたときには、そのときには、ゆっくりと柔らかくやさしくそこに戻ってくればいい。

goodlife