ココロとカラダと美容と健康 -総まとめ-

スポンサーリンク

いろんな記事を書いておりますが結局のところ何すりゃココロもカラダも美しく健康でいられるの??ってことですよね。
ココロとカラダ、美容と健康は切っても切れない間柄。
カラダが不健康でココロを健康に保つのは難しいし、ココロが不健康なのにカラダを健康に保つのは難しい。
カラダが健康であれば肌艶もよくなり、ココロが健康であれば優しい気持ちになれる。
ココロとカラダの健康面と美容面の両面にアプローチできる『これは必須事項だ』ということをこちらに書きとめております。
その必須事項同士もまた互いに関係しあっていることに気づきます。
自分では意識していないのに自分の中の各パーツがそれぞれつながっているんですね。
もちろん、規則正しい生活を心がけ、食事の内容にも気を配るというのは大前提として、快眠・快食・快便・快動でココロとカラダの健やかさと美しさを保ち、素敵な人生を楽しみながら満喫できますように。
 

姿勢を正しく

正しい姿勢を保つこと自体が運動と言えるほど、普段猫背で過ごしてしまっている場合、最初はとてもキツイ運動に感じられることと思います。
しかし、姿勢を正しく保つことは後述の呼吸にも関わる大切なこと。
正しい姿勢を保つことで血行が良くなり肩こりなどの不調が改善されます。
脳への血流もアップし、脳へ酸素が運ばれて、脳の活性化にもつながります。
 
また、正しい姿勢があたり前の状態になると筋肉や関節にかかる負荷が減ることでカラダがリラックスできます。
無駄な緊張がなくなることで内臓、血流、神経にも良い影響を与えます。
 
関連記事:正しい姿勢の作り方
 

力を抜いてゆっくりと大きく深い呼吸

姿勢が良くなると呼吸がしやすくなり、横隔膜が動きやすくなります。
横隔膜が動きやすくなると、更に酸素を取り入れやすくなり、呼吸機能、循環機能が向上します。
横隔膜が動いて広がるようになると、そのほかの内臓にも良い影響を与えます。
 
関連記事:呼吸を深めて緊張をゆるめる、リラックス
 

健康効果と美容効果を効率よく得る運動、ウォーキング&スクワット

ウォーキングは普段の通勤などの徒歩を意識するだけでOK。
とはいえ、この意識して歩くということが、やはり慣れるまではかなりキツイ運動に感じられることと思います。
それでも、ついでにできるこんな効率的で効果の高い運動をしないなんてもったいない。
 
関連記事:正しい姿勢でウォーキング
 
スクワットは10回3セットを毎日。
これは面倒でも続けるしかない。
腰痛改善、肩こり解消、便秘解消、血流アップ、胃腸の働き改善、冷え性改善、免疫力アップ。
効率良く筋力を鍛えて自律神経のバランスを整えて血流を改善して不調を解消する方法として最適な運動。
スクワットも深い呼吸をしながらゆっくりと。
 
関連記事:スクワット1日10回3セット
 
運動としてはウォーキングとスクワットさえやり続ければ、太ももの表裏と内外の筋肉、お尻、お腹、ふくらはぎ、足首、股関節、肩甲骨など鍛えるべきところは全て網羅されているからまずのところは充分。
 

『今』に集中してやさしくていねいに

これは今注目されつつあるマインドフルネスにも通じることですが、『今』に集中して動作をやさしくていねいに。
例えば、お皿一枚洗うにしても、洗濯物を1枚干すにしても、ひとつひとつやさしくていねいに。
今周りに耳を澄ませてみてください。
まったくの無音じゃないですよね。
やさしく耳を傾けてみたら、いつもスルーしている音がいっぱい聞こえてくる。
ごはんを食べるときもごはんの時間がきたからただ食べるというのではなく、ひとつひとつていねいに味わってみてください。
『今』に集中してていねいに暮らすことはココロが落ち着いてココロもカラダも好転します。
 
関連記事:五感を鍛える効果
 
焦らずゆっくり丁寧に、自分から『輝く』
 
関連記事:手を大切にする
 

自分を否定しない、自分を褒める

上記のことが少しずつでもできたのなら自分を褒めてあげましょう。
簡単なことばかりかもしれませんけれど、実際に毎日続けるということは、どんなに小さなことでも大変なことです。
失敗の数を数えるのではなく成功の数を数えましょう。
「良くできたね!」とココロから自分を褒めてあげましょう。
「今日もやらなかった、はぁー」なんて自分を責めなくていいんですよー。
明日からやればいいじゃん!
 
関連記事:自分を褒めたおす