イライラの理由

スポンサーリンク

また今日もおうちでゴロゴロ。
こうした生活も5日目となりました。
さすがにゴロゴロと自由きままに毎日を過ごしているとストレスはゼロかもしれませんね。

イライラすることもなく、リラックス

スマホやパソコンやテレビ、そして雑誌や新聞からも、とにかく『情報から離れる日を持つこと』がリラックスにつながると何かで読んだことがあります。
情報が入ってくると、イヤでも脳はその情報処理をする羽目になるし、その情報も明るい話ばかりではないので少なからずココロに影響が出るそうな。
確かに、ほっこりしたニュースをみれば気分が和らぐし、いやなニュースを目にすると、何だか気分も下がりますよね。

また、VDT症候群という、スマホやパソコンやテレビなどのディスプレイを見続けることによる眼精疲労、ドライアイ、充血、視力低下などの目の不調、首コリ、肩コリ、腰痛、背中の痛み、手指のしびれなどカラダの不調、イライラ、不安感、抑うつ、食欲不振などのココロの不調も現れることからも、それらのものから距離をとる時間はとても大切だと実感します。

smartphone

だからと言って

一生ゴロゴロしていていいよ

と言われてしまうとそれはやっぱりお断りしたいところです。

ココロとカラダの不調につながるからスマホもパソコンもテレビも雑誌も新聞もなくしましょうね

と言われても、やはりそれは困ります。

ひとがイライラするのってその辺に関係があるように思います。
『自分の思い通り』にいっていればイライラしない。
『自分の思い通り』じゃないことにイライラする。
少なくとも私の場合はそうみたい。

例えば、今は『自分の思い通り』ゴロゴロできるからイライラしない。
ゴロゴロしたくもないのにゴロゴロしなきゃいけなくなるとイライラする。

電車のダイヤが乱れてイラッとくる、録画したはずのドラマが録れていなくてムッとくる、せっかく作った食事が不味くて腹が立つ、帰り際に仕事を頼まれてエッ?と思う。

なんか全部『自分の思い通り』じゃないときにイライラしていませんでしょうか。

kiiiii

だけど、自分がココロもカラダも落ち着いていたら、もっと寛容になれるはず。
『自分の思い通り』の『思い』がもっと広ければ、数分電車が遅れたところでどうってことないし、観たいドラマは誰かに貸してもらえばいいし、食事が不味くても笑い話で済むといえば済むし、帰り際に仕事を頼まれても、実は相手もやむを得ず頼んでいることは落ち着いて考えればわかる話です。

『自分の思い通り』の『思い』を広目に設定

結局はココロもカラダも落ち着いた状態を保つことが『自分の思い通り』の『思い』を広げ、寛容への路なんですよね。