更年期のイライラだるだる、アラフィフ女性の対処法

スポンサーリンク

たまにとんでもなく不機嫌な日っていうのがあるから困ります。
はぁー、何から何までムカつく!!っていう日。
こんな日は早くうちに帰ってやるべきことをやってさっさと寝るしかない、と思ってうちに帰ってやるべきことをやって寝る時間がきたころには、どうやら不機嫌がおさまっている。
なんだか一日中イライラと過ごしてもったいなかったなー、と反省しながら寝る。
という、バカな私のとある一日。
こんなことでは自分磨きが聞いてあきれる。
といっても、これが更年期障害の症状によるイライラだとするならば、自分のチカラだけで太刀打ちするのは至難の業です。
女性ホルモンの低下による症状を自分の気持ちだけでコントロールするなんて、なかなかできませんものね。
 

そもそも更年期障害とは

更年期とは閉経をはさんだ10年間をさします。
更年期には、女性ホルモン(エストロゲン)の低下を主な原因としたさまざまな症状がおこります。
イライラ、発汗(ホットフラッシュ)、冷え、のぼせ、めまい、耳鳴り、不安、不眠、肩こり、腰痛、頭痛・・・あげればきりがないほどのこの時期にあらわれる症状を更年期障害といいます。
ひとによってはまったく症状の出ないひともいますし、いくつもの症状が重なってあらわれるひともいます。
 
年齢的に40代50代といえば女性をとりまく生活環境の変化も少なくなく、子供の独立や親の介護や責任の重い仕事を任されたり。
肉体的な変化に加えてこれらの精神的な影響も重なって更年期の症状を左右するとも考えられています。
 
エストロゲンが低下することにより生活習慣病のリスクが高まるのも更年期の時期といえます。
高血圧、動脈硬化、心臓病、骨粗しょう症・・・。
 

更年期障害の対処法

あれ??変だなと思ったら、まずは、婦人科や女性外来で検査を受けましょう。
かくれた病気がひそんでいないか、本当に更年期障害による不定愁訴なのか、女性ホルモンの量や血液の検査、問診などによる医師のチェックを受けましょう。
その上で、更年期障害の重い症状の場合には薬物療法を受けることもあります。
ホルモン療法や漢方薬、抗うつ剤、抗不安薬、睡眠薬など、医師の指示に従ってあせらず改善していきましょう。
 
自分でできる対処法としては、充分な睡眠をとること、適度な運動をすること、きちんとした食事をとることなど、規則正しい生活をこころがけること。
よくいわれることですが、更年期障害に関しても、やはり基本は規則正しい生活、それでも無理ならお医者様に相談、これが改善へ向けての一番の近道です。
 

規則正しい生活、お医者様に相談、わかってはいるけどさ・・・

そうはいっても、家庭の事情や仕事の状況などによって、規則正しい生活を送ることが難しかったり、お医者様にかかるのもなかなかといった場合には補助的にサプリメントや漢方薬を市販で購入することもできます。
最近では更年期障害の症状を和らげる栄養機能食品のテレビCMもみかけるようになりました。
こうした補助食品などを取り入れることも快適な生活をおくるための対策のひとつです。
 

まとめ

症状にあった対処法、自分の状況にあった対処法をみつけることで、更年期を上手にのりこえて素敵な40代、50代を、そしてその後も続く長い人生を、女性として健やかに楽しくすごしたいものですよね。