不調を改善したくて

スポンサーリンク

私の不調はすべてつながっているような気がします。
大汗、足つり、白衣高血圧症、冷えのぼせ。
更年期障害ではあるのでしょうが、その中でも自律神経がらみ
自己診断は危険なため、こうに違いないと決めつけることはしないつもりですが、いろいろなところで私を診察した先生方の話にいつも出てくるセリフが自律神経

交感神経と副交感神経は、体の内外の状況や部位に応じてアクセルとブレーキの役目を交代して働きます。例えば、心臓の心拍数は交感神経が活発になると増えますが、胃腸を活発に働かせるのは副交感神経です。このように交感神経と副交感神経経は、協調しながら多くの器官をきめ細やかに調節しています。しかし、汗腺や血管のほとんどは交感神経だけが支配しており、体温の調節と血圧のコントロールを担っています。

出典元:花王ヘルスケアナビ

 
ほらねー。
汗腺や血管のほとんどは交感神経だけが支配して体温調節と血圧のコントロールをしてるってよ。

で、昨日書きました面倒くさい話の続きというわけではありませんが、何かと言えば『キチンとした食生活とウォーキング』というならば、面倒くさいけどやろうじゃないかウォーキング!と思い、今日は面倒くさいと考える前に帰りに一駅手前で降りちゃいました。
そして、姿勢を意識して、ちゃんと足裏や足指を使って、大きく呼吸しながら、そして一生懸命に歩いて帰りました。

お手本みたいな話ではありますが、なんと、すごく気持ちよかったんです。
風がひんやりしていて、普段は無意識に歩いているものを、背筋を伸ばして、足を意識して、息を吸ったり吐いたり、一生懸命歩いていたら、歩けるってなんだかうれしいなーなんて思ったりして。
おセンチ過ぎかしら。

自分に合った方法で副交感神経を活発にしましょう
心身の疲れがとれない、リラックスする時間が少ないと感じる人は、多少のストレスを受けても健康に過ごせるように、規則正しい生活習慣を身につけることが大切です。最も重要なのは、食事や睡眠といった、基本的な生活リズムを整えること。ウオーキングなどの適度な運動でリフレッシュを兼ねた健康づくりも積極的に取り入れてください。

好きな音楽を聴いて心を落ち着ける、アロマの香りでほっとくつろぐ、趣味に打ち込む、気の置けない友人と楽しい時間を持つなど、自分なりにリラックスできる方法を見つけましょう。毎日のお風呂も、リラックスできる入浴方法を知っておけば、副交感神経を優位にするのに役立ちます。

出典元:花王ヘルスケアナビ

 
でも、筋肉痛になりそうなほど足がくたびれました。
だけど、明日も歩こ。