漢方薬スタートから2か月、漢方薬ってどうなの?

スポンサーリンク

私が漢方薬をはじめてまもなく2か月になりますが、実際、漢方薬ってどうなんでしょうね
私は、汗やイライラや足をつる、上半身ののぼせ、痛いほどの足元の冷え、自律神経の乱れなどの不調を訴えたところ冷え性がすすんだ症状「冷えのぼせ」によるものとの診断により柴胡桂枝乾姜湯を処方されておりますが・・・。
漢方で体質改善したいけど、漢方薬を試してみたいけど、という方もたくさんいらっしゃると思います。
私自身、いままで漢方薬を使ったのは、風邪気味のとき内科の先生に補助的に出してもらったり、更年期の症状が出たときには漢方専門医の先生に診てもらったり、今は漢方薬局のようなところでじっくり話を聞いてもらって調剤してもらったり、といろいろやってきましたが・・・。
 

漢方薬と西洋薬の違い

漢方薬は植物の茎や根っこ、牡蠣の殻など自然のものの成分からできたお薬。
漢方薬はなんとなく具合が悪いといったはっきりと原因のつかみにくい症状にも長期スパンで正常な状態へと改善していくもの。
 
一方、いわゆる一般的なお薬、西洋薬は化学合成によりつくられたお薬。
西洋薬の多くは、ひとつの症状に対して作用するもの。
西洋薬は発熱したら解熱剤、頭痛がしたら頭痛薬、血圧が高ければ降圧剤といったピンポイントお薬です。
 

アラフィフ50代女性に漢方薬がピッタリくるわけ

もちろん、何歳であろうと、発熱したら解熱剤ですし、頭痛がしたら頭痛薬なのですが、風邪でもないのに調子が悪い、熱もないのに冷えとのぼせに苛まれる、どうも最近疲れやすくてクタクタだ、気分がすぐれずやる気がでないといった、漠然としたカラダの不調をかかえていることが多いはアラフィフ女性は、一時的な症状を改善させる西洋薬より、カラダ全体から不調の原因をさぐりながら徐々に正常な状態に戻していくという漢方薬のほうが向いているんですよね。
 
また、漢方薬は生薬を組み合わせたお薬です。
同じ症状であってもその原因はいろいろですので、根本にある原因を改善しつつ症状をやわらげる組み合わせで調合してもらい、ためしながら少しずつ組み合わせを変え、個人個人に合ったお薬をさがしていくことができる、この部分も漢方薬が50代前後の女性の症状改善にふさわしい点です。
 

できれば専門家のアドバイスで漢方薬を選ぶ

このように、漢方薬はさまざまな生薬の組み合わせによりそのひとそのひとに合った調剤がなされるものです。
専門家の先生が舌を見たり、脈を診たり、お腹を触ったりしながらその都度様子次第で組み合わせを変えてくださいます。
私自身、今のお薬はいろいろためしてようやく出会えたお薬。
それについては人前での大汗を改善したいいよいよ効果が?漢方薬スタートから1か月でも書いてきた通り、冷え性がすすんだ症状「冷えのぼせ」によるものだということまでは確定しても、「冷えのぼせにはこれだ」といった限定した漢方薬が決まっているわけではありません。
個人個人の体質に合わせて様子をみながら、冷えが改善されたかどうかを見極めて決めていく、そういうものです。
 
副作用がないと言われている漢方薬ですが、たまに副作用が出ることもあります。
私も出ましたから。
ですが、それはきっと自分のカラダに合っていないお薬ということで、自分に合ったお薬であれば副作用もなく、症状も徐々に和らいでいくんだなと、身をもって知りました。
今、原因不明の不調をかかえている50代アラフィフの方々、もしも漢方薬をためしてみる場合は、できれば専門家の先生に相談なさって、少しでも症状が改善するといいですね。