漢方のその後、スタートから4カ月

スポンサーリンク

冷え性がすすんだ症状「冷えのぼせ」による汗やイライラや足をつる、上半身ののぼせ、痛いほどの足元の冷え、自律神経の乱れなどの不調からの脱出をはかるべく漢方薬をスタートさせたのが7月初めのこと。
10月も終わろうとしておりますのでまもなくく漢方薬スタートから4カ月となります。
 
始めた直後は効果がハッキリとわかり、漢方薬とは体質に合えばこんなにも効果を発揮してくれて、こんなにも体質って改善されるものなのかと感動ものでした。
が、近ごろ涼しくなってきたおかげで大汗はそもそもかかないからその点では効果がわかりにくい。
それより、また足をつるようになってきたんです。
なんだかなー。
確かイライラにも効くってことで、当初はそのイライラまでもが鳴りを潜めた感があったのに、その点でも近ごろダメダメー。
これじゃあ元となんら変わりなしですよ。
漢方薬の先生に相談したところ、「最近、季節の変わり目で自律神経が乱れてかけこんでくる方が多いんですよー」とのことですが、私は4カ月間、漢方薬を飲み続けてるんですよー、最近初めてかけこんできた方と症状横並びじゃ困るんです!
 
また、確かに、とんでもない冷え性だと言われて漢方薬を処方された際に先生は「効いたり効かなかったりを繰り返しながら体質が改善されていきます」とはおっしゃっていましたが、いままさに私、ザ・更年期をやっている気がします。
でもまあ、もうちょっと続けてみようかな。
はじめてからまだ4カ月ですから、冷え性体質の改善をめざすにはまだまだ時間がかかるってことかもしれません。