人前での大汗を改善したくて漢方薬をスタート

スポンサーリンク

40代からの大汗エスカレート

私は昔から汗っかきでした。
それが40代に入ったころから猛烈に汗が増量。
50代に入るあたりからはもう尋常じゃない汗でへっとへと。
アラフィフ50代の女性、更年期の典型ですよね。
夏の到来が恐ろしくなってしまいました。
汗が悩みの種となったのです。
今年はなんだか早くも猛暑がスタートしちゃって、これからの7月8月の猛暑地獄を思うとトホホですわ。
 
家を出て夏の炎天下を歩いて駅に向かい、満員電車に乗ったとたんに汗がどばーっと一気に吹き出します。
特に上半身。中でも頭や首などビッタビタですよ。
ひとりで大汗かいて、もうどうすりゃいいのよーって感じです。
そして散々汗をかいた日は決まって足をつります。
歩いているときに足の裏をつる。
左の足裏がつり、おさまったころには右の足裏。
足がつるのも悩みの種。
歳を重ねるって悩みを重ねることでもあるのかしら。
暑いわ痛いわでイライラするし、もう耐えられない!!
 

40代、はじめての漢方薬との出会い

数年前、更年期を意識しはじめたころ、漢方専門医のお医者様に本格的な煎じ薬を処方していただきました。
ところが煎じ薬は私には強烈すぎたのか副作用のような症状がでてしまって続けられませんでした。
漢方薬って、いろいろためしながらその人の体質や体調に合うお薬を見つけていくものなので、もう少し続けていればよかったのかも知れませんが、大量の汗も足がつるのも改善の兆しがみられない上に、毎日煎じるのに30分かかるし、おまけに毎日下痢をするようになってしまい、やむなく断念したのでした。
その頃処方された漢方薬は50代女性がよく処方される、半夏厚朴湯、真武湯、茯苓飲合半夏厚朴湯、桂枝加竜骨牡蛎湯などなどでした。
漢方薬のめざすところは体質改善だということですし、自分にピッタリ合うお薬に出会えれば劇的に症状が改善すると聞いていたので、私は漢方には合わない体質なのかと思って、それはそれはとてもガッカリしたのでございました。
 

50代、再び漢方薬をためす

しかし、このたび、ふとしたきっかけからまた漢方に再チャレンジすることとなりました。
前回の失敗を踏まえ、今回は煎じ薬ではなく顆粒の漢方薬です。
顆粒の漢方薬のほうが薄いっていう話なので、薄くても効けばいいんだしと思って再挑戦です。
 
汗やイライラや足をつる、上半身ののぼせ、痛いほどの足元の冷え、自律神経の乱れなどの不調、これらの症状と私の話から、これは更年期によくみられる冷え性がすすんだ症状「冷えのぼせ」の症状ではないかとの診断。
今回処方されたのは柴胡桂枝乾姜湯という、これもまた更年期にあたる50代女性に処方されることの多い漢方薬らしいのですが、私にとってははじめてのお薬です。
 
今日で飲み始めて2日が経ちますが、いまのところ副作用は感じませんが、特に効果もなし。
そりゃそうか、まだ2日ですからね。
でも、副作用は出ていないから、カラダの中には順調に取り込まれているのかなー。
今度こそ頼みますよ、顆粒漢方VS更年期障害。