接骨院で骨盤矯正スタート

スポンサーリンク

4月に入ってからというもの、毎晩寝ているときに首が痛くて目が覚めます。
カラダがガチガチに固まって首まで固まってどうにもならない。
寝返りをうった瞬間に、

いたーい!!

どうにか向きを変えたりしているうちにすぐまた寝ちゃうんですけど、それでもやっぱり、

つらーい!!

そこで、以前通っていた会社の近くの接骨院のようなクリニックにかけこみました。
当時はこちらのメニューの中のマッサージをお願いしていましたが、今回相談した結果骨盤矯正をお願いすこととなりました。
骨盤矯正をする中で、何を言われて、何をしてもらって、何を実感したのかを自分でも覚えていたいのでこちらに記録していこうと思います。

初日の今日は、寝ている間に首が固まることとか、そもそも全身がカチカチで緊張がとれないこととか、足をつることとか、洗いざらいお伝えしました。
以前通っていたので私がどれほどカラダのカタイ人間であるかはすでにカルテに書かれていたので伝わりやすく、年齢とともに積もり積もったクセが以前以上に症状を悪化させているのではとのことでした。

治療の方向性についてのお話の前に、インナーマッスルとアウターマッスルとはなんぞや、それが骨や筋肉にどう関わるかなど、一般的な説明が続きました。
私はその変、あちこち通った経験や、勉強により心得ておりますので、内心、

あ、それ、知ってる知ってるー

てな感じで、正直あちら様からすればヤな感じですよね、アハハ。

「説明はここまでで、実際にカラダの状態を診てみましょう。まあ見た感じからして、姿勢が悪いし、骨盤が曲がってますけどね。」ですって。
声には出さねど

はあ??そんなはずないでしょ、日々どれだけ私が気をつかっていると思ってんのよ。

そのココロの声が聞こえたのか
「自分では姿勢がいいと思っているかもしれないけど、左の肩はいいけど右の肩が内側に入ってますよ」ですって。

えっ?あっ?そうなの??

確かに、日々気をつかっているつもりだけど、実際何をやっているわけでもないわね、私って。
ということで、促されるままに椅子に座ってつま先をそろえました。

「ほら、ひざを見て。左の方が前に出てるでしょ?」

え?たまたまじゃないの?

次に仰向けに寝て片足ずつ、どこまであがるかまっすぐ足をあげてみる。

あれ?あら?左右で全然違う。

首の状態も診られる。
「ほら、右側にゴリゴリしたものが。左側にはないでしょ?」

うっ。ちょっと押さないで!!右のゴリゴリ痛い!!

「言ったでしょ??骨盤が曲がってるから、バランスを取るためにあちこちに影響がでているんだよね。」

グキッ、バキッ

施術後、再度つま先をそろえて座ってみたらひざがそろってる。
仰向けで片足ずつあげてみたら両方同じところまで上がる。
首のゴリゴリがない。

はい、私、骨盤曲がってるみたいです

ということで、骨盤矯正を申し込んできました。
「これは相当難儀ですから時間がかかりますよ。1年くらいは。」

日常生活での注意事項として、足を組まない、同じ側でカバンを持たない、姿勢を良くするなどとあげられたので、姿勢が良いつもりだった私は思わず
「姿勢を良くするってどうすればいいんですか??」と尋ねてみたところ
「この骨の状況では今は正しい姿勢は出来ないでしょう。」とのことでした。
おいおいだそうです。

マッサージも加えたいところだけど、今日は骨を動かしたので、ひどい症状のひとはそれだけ好転反応も出やすく、私の場合はおそらく好転反応が出るので、今日のところはマッサージはやめておきましょうということでした。
トホホの連続です。

うちに帰ってからもいろいろと感じることがありました。
歯を磨いているとき、『両方の足で立っている』って感触。
いつも両足で立っているのですが感覚が違う。
両方の足の裏を使って立っている感じ。

座ってみても、膝がしらがそろっていて、いつも左足が前に出ているらしい私にとっては左足が引っ込んでいる感覚はあるんだけど、それが不自然な感じがせず、不思議な楽さ。

明日も会社の帰りに寄ろっと。

楽しみが増えたわ。