骨盤矯正、はじめてから3か月のいま、でこジワ改善

スポンサーリンク

骨盤矯正をはじめてからもう3か月がたちます。
ああ、月日のたつのは早い早い。

この3か月間の骨盤矯正によって改善されたことや変化についてのおさらいです。
いまのところ私にとってはかなりいい傾向!!

施術の流れのおさらい

最初のころはほんの5分程度。
受付をすませて順番がくるとまずは施術台にゴロリ。
前回の施術後について詳しく様子を説明したあと、矯正にはいります。
私の場合は最初が首の激痛からきていましたので、まずは首の骨の矯正。
その首のゆがみは骨盤のゆがみからきているということで首の次は骨盤の矯正。

首は重たい頭を支えている割には両手でおさまる細くて華奢なサイズ感。
立派な筋肉で守られているわけでもなく、毛髪で保護されているわけでもなく、頸動脈や神経が通った大切な場所なのに負担がかかり放題の部位です。
その大切な首をグキグキやってしまって問題ないのかと、最初は怖くて首の矯正は断っていました。

ですが、せっかくお金を払って完治を目指して通い始めたのに、そもそもの通院のきっかけである首の矯正を断るって、いったい何をしに通っているのかと考え直し、ある日思い切って

やっぱりお願いします、首も!

と言ってしまいました。

今後どうなるのかはわかりませんが、そういうわけで首の骨と腰回りを左右それぞれバキバキしてもらっています。

それが終わると頭部のもみほぐし。
主に百会を呼ばれる脳天のツボと耳のまわりあたりをグイグイとほぐしてくれます。
そのあと足、手、背中と肩周りをほぐして、最後にストレッチのようなことをして終了。
トータル20分強といった流れです。

改善されたこと

骨盤矯正を始めるきっかけとなった首の激痛による夜中の目覚めは初日の施術で解消されました。

また、最初に指摘をされた、足をそろえたときに足がずれている症状。
これも早々に解消されました。

あとは、先日証明写真が必要となり、大事な証明写真だったために写真屋さんで撮ってもらったのですが、以前は自分ではまっすぐ構えているつもりなのに、どっちの肩があがっているだとか、首がどっちに傾いているだとか、あごをもっと引けだとか、いろいろ注文されて、言われたポーズのまま何秒かこらえるのが一苦労だったのに、今回はなんなくパシャリ。

これはゆがみが改善されてきた証拠じゃない??

と大喜びです。写真の写りはガックリでしたけど、これはまあ仕方ない。

そして、そして、これが私にとっては思わぬ副産物、一番うれしい効果。

なんと、でこジワが薄くなっきた!!

ranran

他人にとっては私のおでこなどどうでもいいことだから誰も気づきませんが、あたり前だけど私は気づいた、ヤッター。
やっぱりでこジワなんてないほうがいいですものね。

おそらく、週3で頭部をもみほぐしてもらっているので血流が良くなってリンパの流れも改善され、頭のむくみと顔のむくみが解消されてきたのだと思います。
自分でもシャンプーのついでに必ず指の腹を使ってセルフヘッドマッサージを行っておりますので、接骨院とセルフによるダブルの日々のマッサージが功を奏したか。

ありがとう、マッサージ、さようならでこジワ~