不調の原因は首コリだった??プラス私の場合

スポンサーリンク

原因不明の不調が自律神経のバランスのくずれによるものであることは実は多いようです。
寒暖差の大きい季節に体調をくずしたり、天気の悪い日に調子が悪くなるといったことも、自律神経の影響による場合が考えられます。
自律神経のバランスのくずれによりカラダにストレスがかかっているんですね。

ストレスによっておきる症状、その症状自体がストレスなんですけど!!

今日は私は有休消化の日。
会社がお休みでしたので、パンケーキを食べようってことで朝っぱらから近所の友人宅にお邪魔して、テレビ番組の『あさイチ』を観ておりました。
テーマは『自律神経』。

最初は過敏性腸症候群の方のお話。
出勤時や職場でお腹が痛くなり、トイレにかけこむ。
それが続くと、次にまたなったらどうしようということで、あちこちのトイレを把握して、それがまたストレスになっていくというお話。

わかるわー。

出演された専門の先生によると過敏性腸症候群改善のコツとしては2つ。

・症状のメガニズムを知ること
・考え方を変えれば気持ちも楽になる

うーむ。
このコツは結構むずかしいですよ。
症状のメカニズムを知ろうとすると、知ろうとし過ぎてハマるとか、考え方を変えることができるということは、もう治ったようなものって気もするし。
でも、本当に患者さんの立場に立って一緒に考えて寄り添ってくれる印象の先生で
『いいよねー、こういう先生が近所にいたら』なんて話していると次の方のお話に。

次は首コリにより自律神経が乱れて全身の不調をまねいてしまった方のお話。
こちらの方はストレートネックの方で、脳神経内科で自律神経の機能検査を受けられたところ、血流低下により手足が冷え切っていたとのこと。
これは自律神経の働きが弱まっていることを示すそうです。
自覚症状としては頭痛、首痛、肩こり、めまい、フワフワ感、暖かいところに長くいられない、汗が出る、動悸、まぶしい、目が疲れる、目の乾燥、便秘、疲れる、のぼせる、手足の冷え、しびれ。
この方はお仕事を辞めるほどでしたから私と比較しては申し訳ないですが、感想としては

この症状、全部私じゃーん

一緒に観ている友達もそう思ったらしく、友達とともにテレビにくぎ付けとなってしまいました。

診断の結果、首の筋肉の緊張が問題であるということで低周波治療を行い、この方は3か月ほどで症状が改善し、お仕事にも復帰されたということでした。
重たい頭をのせた首の筋肉に、パソコンやスマホを長時間操作する姿勢がさらに緊張を強いるということでした。

専門の先生が紹介された3つの首のストレッチが簡単でかなりイイ感じでしたのでこちらに備忘として記しておきます。

1.座って背筋を伸ばし、頭のうしろで手を組んで、肘を張り、椅子にもたれるだけ。深呼吸しながらチカラを抜いた感じで肩甲骨を意識して30秒伸ばす。
(頭の重みから首を解放してあげるイメージ)

2.鎖骨の上に手を置いて肘を水平にした状態から肘の先を大きく回して、クロールをするように前回し3回、背泳ぎをするように後ろ回し3回。
(肩甲骨が動き、背骨もねじれて全体が動くイメージ)

3.首のチカラを抜いて、頭の重みだけを感じながら首の筋肉を使わずに1周20秒ぐらいかけて左右1回ずつゆっくり回して首の筋肉をほぐす。
(首の筋肉を使わずに頭の重みだけで回すことがポイント)

お!この2番目のストレッチは以前に私も書いたわ!

それはコチラ・・・>毎日続けられる2つの簡単エクササイズで朝の血行不良とガチガチを解消

ところで私はまだ20代のころから首と背中がガチガチで座っているのもしんどくて、それを改善するためにヨガ、ハリ治療、お灸、カイロプラクティック、カッピング、整体とあらゆることをやってきました。
あの手この手で改善をはかったものの、まあまあ効果があったのはヨガだけ。
そのヨガも働き始めたら通う時間がなくなってしまい。。。

ところが最近、意外なことで症状が劇的に改善しました。

それは靴です。

今までどんな靴も私の足には合わず若いころから靴にも苦労させられてきましたが、ひょんなことから教えてもらった靴が私にピッタリ。
靴を履くイコール辛いというイメージしかなかった私は、靴を履いているのに苦痛を伴わないなんてことがあるんだ!と感動しました。
手持ちの靴を全部そのブランドに変えるほどの履き心地。
そして気づいたときには首痛が改善していたのです。

私の場合、首痛は靴が原因だったんですね。
おそらく靴に合わせた無理な歩き方や姿勢が首痛をまねいていたということなのでしょうね。
というわけで、今はパソコンやスマホの操作は相変わらずなので人並みに首は痛いことは痛いですが、振り向けないほど首が痛いということはなくなりました。
靴を変えたら首痛が改善って驚きですよね。