人間関係、相手は自分の鏡

スポンサーリンク

夫婦げんかをした。
言いたい放題相手に罵詈雑言をあびせた。


『そこまで言うこと??だいたいこの程度のことにガタガタうるさいんだよ!!』
『なんでそんなにムスッとしてんの??そのキゲンの波、どうにかしてよ!!』
『ちょっと勝手すぎるんじゃない??我慢するのはいつもこっちじゃないの!!』
『もう、ほっといてよ、管理されるのが一番キライなの!!』

さんざん言ったらスッキリして、こっちのキゲンはもうなおったものの。。。

ん??待てよ??自分が言ったコトバ、そっくりそのまま返されてもおかしくなくない??

もう言葉が止まらないから言い続けちゃったけど、そもそも、そこまで言うか??っていうほど言っちゃうのは私の十八番だし、キゲンの波ならだれにも負けないし、勝手イコール私っていうぐらい私こそ勝手人間だし、我慢させているのは本当は私のほうかもしれないし、私には一番キライなことがいくつもあるし。
よく考えてみれば私が悪いとも思わないけど、相手が悪いわけでもない、虫の居所が悪かったかねー。
ほぼほぼお互い様だわ、アハハ、言いすぎた。。。

なんてこと、ありませんか??
こっちがご機嫌なら相手もご機嫌になってくるし、こっちがイラついていれば相手もイラついてくる。
逆も然りで、相手がご機嫌だとなんだかこっちもご機嫌になっちゃうし、相手がイラついていればこっちもイライラしてきちゃう。
最近私は疲れ気味。
実は相手はもっと疲れ気味。
そこでひどいことを言ってさらに相手を疲れさせ、ひどいこと言った自分もまた疲れたわ。
うーん。

まるで鏡だ。

先日、会社の友人と話していたとき、その友人が『私って学生のときも会社に入ってからもキライな人とかイヤな人にあったことがなくて、すごく恵まれていると思う』って言うんです。
そのとき私が思ったのは、『あなた自身がいいひとだから周りもみんないいひとなのよ』ってこと。

となるとですよ。
私自身のいいひと自慢ではなく、私もどうにかその友人の友人でいたいと思うし、私もあんな風におおらかでいたいなと思うとやっぱり少しは私もおおらかになっていく気がするんです。
しかめっ面と一緒にいればしかめっ面になるし、悪口大会に参加していれば自分もところかまわずだれかれかまわず悪口をはくようになっちゃうし、笑顔軍団といれば私もつられて笑顔になる。

類を以て集まる

50代ともなると、今までの人生で作り上げてきた自分が、自分で選んだ人と環境の中で生きている。
親をみれば子がわかる、社員をみれば会社がわかる、弟子をみれば師匠がわかる、って具合に、自分の目の前の相手をみれば自分がわかる。
50代ってそういう歳ですよね。

相手を自分の鏡と思って、鏡の中の顔がいい顔するように。