海苔の健康美容効果

とある週末、スーパーで買い物をしていると特売品コーナーの焼き海苔が目に留まった。
そういえばうちって焼き海苔がないかもと思って買い物かごに特売の焼き海苔を何の気なしに放り込んだ。

それ以来、私はスーパーに行くたびに、特売品コーナーをのぞいて、そこに焼き海苔が並んでいないときには、海苔売り場で正規料金の焼き海苔を買うようになった。
何が何でも焼き海苔である。

海苔と言えば、幼い頃の天ぷらの記憶である。
テーブルの真ん中に、つばのある帽子をさかさまにしたような形状の天ぷら鍋を置き、真ん中に温度調整された油がパチパチと音をたて、そこに串にささった具材を入れて揚げる。
程よく揚がった天ぷらを帽子のつばの部分に置いて油を切って、大根おろしと天つゆで食べる。

鱚、烏賊、薩摩芋、椎茸、南瓜、蓮根、紫蘇、玉葱など、そうした具材の中のひとつが海苔だった。

美味しかったなあ。
というか、懐かしい。。。

こうした、我ながらかわいらしい思い出なんかと違って、今では日本酒や焼酎のお供、いわゆる酒の肴に焼き海苔である。
味付け海苔ではないので、ちょっとパンチが欲しいときには食べるラー油やワサビ漬けなどをアクセントに差し味する。

そんなことをしていると10枚入りなんてあっという間に食べ終わってしまうので、スーパーで一袋ずつ買っていたのでは買い物の頻度が少なすぎて間に合わない。

これからは二袋ずつだな。

ある日ふと思った。

海苔って、こんなに食べ過ぎていいのだろうか。

???

海苔は意外な成分でできていた

海苔にはタンパク質が多く含まれています。
海苔1枚で牛乳1/5本相当というのですから、海苔は海の野菜と言われるのも納得です。

私は海苔にタンパク質が含まれていることすら知らなかったので、その量が多いことにもびっくりしました。

豊富な食物繊維

海苔は重量の1/3が食物繊維と言われ、ダイエットにも適した食物です。
その量はほうれん草の2倍と言われています。
主に水溶性の食物繊維で、腸内環境を整えるチカラもあります。

美肌美白効果

焼き海苔約1帖(10枚)には、みかん1個の1.5倍量のビタミンCが含まれているそうです。
ということは美肌美白の効果あり。

あんなに黒いのに美白効果??

しかも、海苔のビタミンCは焼いても壊れないというからありがたいです。

そのほかの栄養

ビタミンB群(B1、B2、B12)やカリウム、鉄分、葉酸、EPAなどを含みます。
中でもEPAを含むことは悪玉コレステロールを抑え、中性脂肪を下げる効果、血液サラサラ効果、血管を若く保つ効果、心臓病や脳梗塞や動脈硬化を防ぐ効果など、私たち50代以降にとっては必須の要素。

なので

食べ過ぎはいかがなものかと思っていた焼き海苔が、意外や意外、度を越した量でなければむしろ食べるべき食材であったとは。

トッピング次第では塩分過多やカロリー過多になるので要注意。
葉酸を多くとってはいけない方も注意が必要ですが、適宜適量であればいいこといっぱいの焼き海苔のお話でした。