今週のOisix食材が届いたら、分類し保存し食べて、残りもムダなく使い切る方法

今週のOisix食材が届いたら、分類し保存し食べて、残りもムダなく使い切る方法
今年の秋はスッキリ晴れる日が少なくて、もともとおうちにこもりがちだというのに、私はますますおうちでのんびりしております。

今週もまた週の頭にOisixの食材定期便が届きました。
これからOisixを試してみようかなと思っている方は、毎週Oisixがどんなふうに届いて、どんなふうに保存して、1週間でどんなふうに使って、残ったらどうするのかと、悩むところかと思います。



そこで今回のブログは、Oisixの到着後の食材保存方法から、キットや単品の利用後の残った食材の使い切り方法まで、私の独自のやり方を、一例としてご紹介いたしますね。

記事の内容

今週のOisix食材が届いたら、分類し保存し食べて、残りもムダなく使い切る方法

Oisixをはじめるまでは、仕事の帰りにスーパーで足りない分を買い足して、その都度冷蔵庫の空いてるスペースにランダムに食材を収納していました。
そのため、いまのような分類をしておらず、賞味期限切れや野菜が古くなってしまうといったこともありました。

いまでは独自の方法でポンポン簡単にしまっているのにも関わらず、食品ロスはほぼゼロです。

その理由は、冷蔵庫の食材が週に1度しか増えないからだと思っています。

今週のOisixが届いたら分類して保存すれば食品ロスを減らせます

例えば、今週のはじめにうちに届いたものは。

ちゃんとOisix3days(2人前)
(中身は、Oisixリーフ、カットごぼう、ねぎ、きゅうり、ミニ大根、ラディッシュ、なめこ、にんじん、ほうれん草、豚肉の醤油漬け、しらゆり鶏モモ)

牛乳とか飲み放題3品
・牛乳
・たまご(6個)
・食パン(6枚切)

追加した単品
・ピッツァマルゲリータ×2
・釜揚げしらすツインパック
・大豆練りあげ
・スモークチキン
・バナナ
・おたのしみベジフル480

※ちゃんとOisix牛乳とか飲み放題プランについてはこちらの記事をどうぞ。

Oisixの食材は、ヤマト運輸が冷凍のボックスと冷蔵のボックスを、同時に指定の時間帯に届けてくれます。

※注文から到着までの流れはこちらの記事をどうぞ

冷凍食材の保存についてはルールを決めておきます。

例えば、新しく到着したものは右側から詰めて、使うときは左から使っていくなどと、独自のルールを決めておきます。
到着した冷凍のボックスをあけて、中のものをルールに沿って決まった方向に端から収納。
冷凍庫をあけたとき、上記のルールであれば、同じものがあったら左から使うようにします。

冷蔵食材の保存についても、ルールを決めておきます。

冷蔵室に収納すべき食材については。
例えば私は、冷凍食材と同じ方向で、右側が賞味期限の長いもの、左側へいくほど賞味期限の短いものに分類しています。
その分類方法は超大雑把。

100均で購入した適当なボックスを3つ並べて、一番左側のボックスは今週中に賞味期限がくるもの、真ん中はもうちょっと賞味期限の長いもの、右側はかなり賞味期限まで時間があるもの用のボックスとします。

Oisixから届いた冷蔵食材のボックスを開梱し、ちゃんとOisix用の食材も含め、今週中に賞味期限がくる食材は、100均ボックスの左側のボックスへ。
そのボックスの中でも、左側から順に賞味期限が近いもの順に並べてしまいます。

真ん中の100均ボックスも同様に、11月中に賞味期限がくる食材を、賞味期限の早いものを左から並べます。
同様に賞味期限まで間がある食材も順番に100均ボックスに収納して冷蔵庫の右側に置きます。

このように分類して保存することで、冷蔵庫をあけたら左から使う。
一番左側のものが期限内であればほかのすべての食材がまだ大丈夫。
というように、Oisixが届くたびにボックス内をアップデートしていけば、食品ロスはゼロです。

野菜室については。
すでにこちらのブログで雑な性格はバレバレだと思いますが、恥ずかしいほど大雑把な私は、野菜はOisixから届いたとたんに一週間分すべてをひとつのレジ袋に放り込んでクリップで留めて野菜室にいれてしまいます。
これこのあとご説明しますが、本当に便利な保存方法なのです。

以上が今週のOisixが届いたら分類して保存する簡単な方法の一例でした。

今週のOisixの食材が週末に残っっていたら

例えば、今週のちゃんとOisixは2日分しか使わなかったため、シャキッときゅうりとしらすの和風炒飯の食材が残ってしまいました。
具体的に残った食材は。

しらす
長ネギ
きゅうり
なめこ
油揚げ
大根
ごぼう
にんじん

次の週のOisixの食材が届いたときに、いつもの分類と保存方法でポンポン冷蔵庫内に収納する際に、冷蔵室にしらすと油揚げが、野菜室に長ネギ、きゅうり、なめこ、大根、ごぼう、にんじんが残っていたということになります。

冷蔵室のしらすはまだ日持ちがする、真ん中の100均ボックスに入っていたのでまだ余裕があります。
冷蔵室の左側の100均ボックスの油揚げは使い切らねばなりません。
一方野菜室は、今週のレジ袋を入れる際に、先週のレジ袋を取り出すと長ネギ、きゅうり、なめこ、大根、ごぼう、にんじんが入っているわけです。

何度かこちらのブログでも書いておりますが、私は基本、余った食材は味噌汁や豚汁にするため、今回は豚汁にすることに。

豚汁は、豚肉と味噌さえあれば油揚げ、長ネギ、大根、ごぼう、にんじんで完成します。

毎回食材が余ったときには味噌汁か豚汁にすることにしているため、豚肉は冷凍庫に常備されているため豚汁づくりに支障はありません。

となると、あとはきゅうり1本となめこが半袋残っています。

きゅうりは野菜スティックに、なめこはまたまた味噌汁に。
これで食品ロスはゼロとなりました。

賞味期限の書かれていない野菜室のものたちは、このようにたいていは味噌汁や豚汁の具材として利用できるから、使い忘れさえなければ腐らせてしまうことなどありません。

今週の野菜袋ができたら、先週の野菜袋の中身は早めに精査し、味噌汁や豚汁にする。
それでも残るものはほんのわずかです。
それだけは早めに美味しくいただいてしまいましょう。

以上、今週のOisixの食材が週末に残っっていたときのムダなく使い切る方法についてでした。

このブログのほかの記事でも書いたかもしれませんが、我ながら、野菜を一週間分レジ袋ひとつにまとめて冷蔵庫にイン方式はなんて便利なのかと思っています。
そして余った食材は味噌汁か豚汁方式もサイコーだと自画自賛中です。
大雑把過ぎて友人には言えない方法ですけど。




いかがでしたでしょうか。
以上、今週のOisix食材が届いたら、分類し保存し食べて、残りもムダなく使い切る方法でした。