50代正社員在宅ワーク、辞める?辞めない?今後の人生を考える

50代正社員、仕事辞めるか悩む

50代正社員、仕事辞めるか悩む
毎日会社へ出社していた私ですが、コロナ禍をきっかけに、月に数日の出社でオッケーとなり、在宅ワークで働いておりました。
ゴールデンウィーク中、仕事の日もあったけど。

わたし
わたし
私は案外仕事が好きだから、特に予定がなければ、在宅ワークだし休み返上の仕事もノープロブレム。

でしたが、このたび会社の方針で在宅ワーク廃止、従業員全員出社となりました。

大幅配置換えにともなって、私が通勤する支店も変わってしまいました。
最寄駅まで到達しても、そこから事務所までの徒歩がまたトホホな距離に。
駅から事務所まで徒歩15分以上かかるのです。

わたし
わたし
ムリ。。。

これはアカン。
本当にアカン。
もう辞めるしかない??

このブログの内容

50代、仕事を辞める?続ける?辞めたとしたら収入どうする?

わたし
わたし
【このブログは】
どうにかうまいこと転職に成功できたのは時代のおかげと資格のおかげ。ありがたく思って頑張ってきましたが、その正社員の仕事を辞めてしまった。。。わたしのこれまでとこれからを交えた50代女性のブログです。

いきなり余談ですが、私が会社を辞めたい理由

在宅ワークが性にに合う人合わない人がいると思いますが、私は断然性に合う人。
会社にいるとどうしても周囲の会話や人の出入りなどで集中力が保てません。

うちでの仕事はとても静かでした。
かかる電話は全部自分宛。
持てるチカラを最大限発揮できていました。

在宅ワークの仕事の質と量が100点満点の100点だとしたら、事務所でのパフォーマンスは自己採点で60点。

しかし、問題はそれだけではない。
通勤地獄。
ラッシュ時の電車。。。これももちろんムリだけど、もっとムリなのは汗なのです。

そんなことが退職理由なんてアホかと思う人もいるでしょうが、私にとっては大問題。
春のうちならまだしも、真夏の猛暑のなか、事務所まで15分以上歩いたらどんなことになるか。

わたし
わたし
。。。

更年期の私の汗は、じっとしていてもすごいのに、おそらく午前中は仕事にならないでしょう。
午前中の事務所パフォーマンスは0点。

わたし
わたし
ちーー-ん

などと考えると、やっぱりムリだわ。

だったら、どうする収入。

いまの仕事を辞めたら私にとって選択肢は3つ。

  • 正社員をめざし、転職サイトや転職エージェントに登録する
  • 派遣社員をめざし、人材派遣会社に登録する
  • おうちで副業をめざし、クラウドソーシングに登録する(ただし、本業と同等の収入を得られるかという問題あり)

いずれにしても収入を絶やすわけにはいきません。

正社員をめざし、転職サイトや転職エージェントに登録する

私は3年前、転職サイトでみつけた企業に直接応募して、50代の転職を果たし、正社員になりました。

転職サイトのメリットは、転職エージェントにくらべて求人数が多いこと。

転職サイトにはエージェントの求人も載っていることもありますが、企業と直接やりとりできる求人が数多く載っています。

転職エージェントと違って、自分の担当者がいるわけではないので、自分で先方と直接やりとりして、自分ですすめていきます。

私はたまたま自分にぴったりの企業をタイミングよく転職サイト上で発見し、即、応募のボタンを押しました。

応募ボタンを押すと、たいていはプロフィールや志望動機、履歴、職歴などを入力する画面にすすみ、送信ボタンを押します。

いまの会社はその日のうちにお返事をくださいまして、とんとん拍子ですすみ、採用となりました。

はたらいく

わたし
わたし
40代での転職の苦労がウソのように、タイミングが良くてラッキーだったわー。
これからだって、良いタイミングがないとも言い切れないわよね。
ともだち
ともだち
そうね、確かに。
で、会社、辞めるの?辞めないの?
わたし
わたし
。。。

派遣社員をめざし、人材派遣会社に登録する

いまの会社に勤める前は派遣社員として何社か勤めました。
40代になって、だんだんと転職がむずかしくなり、資格を利用して一般事務から経理業務に方向転換しました。

40代のうちに日商簿記3級の資格取得をおすすめする理由
私は40代のときの転職で、30代までの転職との違いを痛感しました。 これまであっさり決まっていた仕事が、まったく決まらない。。。 わたし あれ?私って、もうお呼びでない?? ずいぶん凹みました。 が、目...

派遣社員は3年期限ののち直接雇用となるかならないかなど、制限があります。

今回会社を辞めたとして、50代で派遣社員になれたとして、3年後、また転職というのはなかなか厳しいかもしれません。
でも、今からまた正社員をめざすより間口が広いかも??

募集内容のなかには「30代活躍中」と書かれているものもあり、それらは30代がメインの企業でしょうし、「20代活躍中」なんていうのもあります。
たまに衝撃なのは「40代応募可」という案件。

わたし
わたし
50代は応募すら不可ってか。。。

ともだち
ともだち
「40代応募可」は20代30代も応募不可かもよ。

「40代応募可」は残念ですが、「40代活躍中」「50代活躍中」というのもありますし、「60代活躍中」というのもあります。

わたし
わたし
正社員にしても派遣にしても、自分に合った企業、自分を雇ってくれようとする企業、こうした企業に出会えるかどうかがカギです。

おうちで副業をめざし、クラウドソーシングに登録する(ただし、本業と同等の収入を得られるかという問題あり)

わたし
わたし
副業って、「本業」があってはじめて「副業」よね。

ともだち
ともだち
でも、おうちで副業は年齢が関係ないかもよ。



クラウドソーシング「ランサーズ」

雇ってもらうには、どうしても年齢が絡んでくるので、会社を辞めるか辞めないかは悩ましいところです。

以上、本日のテーマ『50代、仕事を辞める?続ける?辞めたとしたら収入どうする?』でした、が、ごめんなさい、何も答えは出ませんでした。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました