プラセンタ注射の効果

今は仕事をしているので通えなくなってしまいましたが、40代前半ころには週3日のペースでプラセンタ注射を打っておりました。
週3日ペースで1回1アンプルですので週に3アンプル。
結構な頻度で結構な量が注入されていたことになりますよね。
果たしてプラセンタ注射に効果はあるのか??

プラセンタについて軽くおさらい

プラセンタとは胎盤のこと。
40代50代前後の更年期にあたる女性はイライラ、ほてり、のぼせなどのはっきりと理由がわからない様々な症状に悩まされることが多く、このプラセンタはそうした 不定愁訴の改善に役立つといわれています。
更年期障害の治療にはメルスモンという注射が使われ、皮下注射をします。

また、プラセンタといえば言わずと知れた美容成分。
更年期障害の症状改善に有効な上、美容にも効果絶大ってところが大きなポイント。

アミノ酸、タンパク質、ミネラル、ビタミンなどなど美容成分がたっぷりプリプリ。
なかなか普段の生活では補いきれない美容成分を注射で直接取り込むことで美容効果が期待できるというわけです。

更年期症状改善とアンチエイジング効果、40代50代の女性にとって、まさに一石二鳥、夢のような注射ですよね!

プラセンタ注射の効果はいかに

そのころ、40代前半の私は『これって更年期の症状かしら??』と思われる症状がちらほら出つつありました。
シミ・シワ・たるみ・くすみなど加齢による顔周辺問題が勃発しはじめたのもこのころでした。
体調悪いし顔はこんなでもうたまらない。
とういことで、行きついたのがプラセンタ注射。
時間はたっぷりあったので、週に3日、1回1アンプル、効果を期待してせっせと通いました。

第一の目的、更年期障害改善にプラセンタ注射は効果アリか??

これは微妙なところでして、打っていたからあの程度ですんだのか、打っていなくても変わらなかったのか、ハッキリ言ってよくわかりません。
まだ40代前半でしたから今より若いし、今にして思えば冷えのぼせ、大汗、足つり、イライラ、ほてりも、どれもこれも軽度だったと思います。
それほどひどくない症状に効果を見出すのは難しい。
私の場合、更年期障害の症状改善にはプラセンタ注射の効果はこんな感じでした。

要するに、ビミョー。

hatena

 

ならば第二の目的、美容効果はいかに??

シミ・シワ・たるみ・くすみなどの顔周辺問題については、これも今なら顔全体の下がり感が大きいので効果もハッキリ出やすいのだと思いますが、40代前半ではまだまだ今ほどの状態ではなかったため、やはり明らかな効果はそのころの私にはよくわからず。

要するに、これもまたビミョー。

hatena

ただ、待合室にはびっくりするほどお美しい70代女性がいらっしゃいました。
同じ待合室でちょこちょこお会いした方で、聞けば週に6アンプル打っているとのことで、それはそれは、とても70代には見えないお肌の透明感。

よく、髪を引っ張り上げてシワをのばしたりするようですが、ああいう不自然にシワをのばした感じではなく、自然にシワがなくて美しい。
声もハツラツとしてハリがあり、プラセンタが全身に作用し、精神面にも働きかけているようでエネルギッシュ。

ということで

70代で週に6回アンプル打てば実感できるほどの効果アリ

ということは50代の今プラセンタ注射を打てば
効果の実感ゼロはあり得ない、つまり効果アリ!

という結論にいたりました。

ranran

なんだ、そんな結論かよ

と思われた方へ。

当時の私にもひとつ、確かな変化があった!
それは。。。

それは髪。

抜け毛ほぼなし。

もともと抜け毛が激しかったわけではないけれど、プラセンタ注射を打ちはじめてからというもの、シャンプー時にもブラッシング時にもとにかく髪が抜けませんでした。
これは思いもよらない意外な効果でした。
効果を実感しにくい年齢ではありましたが、やはり何かしらの効果があったという証明だと思います。

以上、過去を振り返り思うことは、50代の今、プラセンタ注射を何本でも打ちたーい。
打つ時間もお金もないのならサプリでもいいので、とにかくプラセンタ成分を我が身に取り込みたーい。