50代転職、資格をとるならこれ

いままでそれなりの経験を積んできたのだとしたら、50代で転職したとしても、新しい会社でもちゃんと戦力になると思います。
だけど、50代転職は入り口が狭すぎる。

smartphone

エントリーして、面接まですすんで、経験と力をみてもらう、そのチャンスをもらいにくいのが現実です。

歳を重ねることは悪いことでもなんでもないのに、雇う側からしてみれば

おばちゃんが応募してきた

っていう印象なのでしょうね。
私たちにも役に立つか立たないかを見定めてもらうチャンスぐらいほしいものです。

こうした世の中の風潮が改善されるのを待っていたら、私たちは本当に働けない歳になってしまう。
だとしたら

おばちゃんが応募してきた
だけどこのおばちゃん、こんなことできるの?

となるように、つまりは履歴書に相手の目にとまる燦然と輝く資格を連ねるのです。

資格だけあっても仕方がないという見方もあるけれど、こうした資格が履歴書にあるかないかで面接までたどりつけるかどうかが決まります。

今までの仕事で関連した業務をやっていたのなら資格試験も合格しやすい。
50代でエントリーどまりにならず面接にこぎつけるために重要なのは履歴書の経験欄と資格欄。

資格欄にこれらがあれば履歴書のグレードがあがります。
日常生活においても知っていて損のない知識です。

ファイナンシャルプランナー(FP)

家計における金融、税制、不動産、住宅ローン、保険、教育資金、年金制度などの将来の資金計画を立てるサポート業務。
自分の生活にも直結する内容のため、経験がなく仕事に結びつかない場合でもその内容は知っていたら重宝する資格。

金融関連や保険関連のお仕事をしていた場合、今までの経験にプラスすれば転職が有利に。

中小企業診断士

試験内容がかなり広範囲に渡る上、実際の仕事でも中小企業の経営状態の調査・分析とその結果に合わせた経営改善計画を立てる経営コンサルタントは、知識と経験に加えて分析力も必要とされる難易度の高い国家資格。

だけど世の中の企業の9割以上が中小企業。
今までのお仕事内容が関連していたのであれば頑張る価値あり、需要ありです。

社会保険労務士

複雑な各種社会保険の仕組みを熟知した人事・労務のエキスパート。
上記のどの資格もそうですが、法改正のたびに自分の知識をアップデートする必要がある。

それを考えただけで私は気持ちが萎えるけれど、たいていの企業が社労士を雇っている。

日商検定簿記

企業で経理をやったことがあるのなら3級は割とたやすく取得できます。
経験ありで2級ををもっていたら50代でも転職可能。

経理っておばちゃんイメージありますものね。
知識があると新聞を読んでいてもちょっとニュースの見方が変わる。

MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)

『おばちゃんが応募してきた』と思われたとき、先方が心配するのは『だってパソコンがダメでしょう?』という先入観。
今は社内でのやりとりもアプリだったりと、ITオンチは致命的。

この資格なら今までのスキルと経験にちょっと勉強してプラスアルファの知識を上乗せでどうにかなる。
難易度別に試験がわかれています。

PC

転職先のみなさま以上のスキルを披露できたりしたらカッコイイわー。
バブル世代をなめんといてー!やるときゃやる世代なんです!ってところを見せたいわー。