50代の就活、女性の仕事ゲットに重宝する資格

スポンサーリンク

先日も体力、視力も仕事探しにおける問題であると書きましたが、それでも、もしもこれから新たな企業で働くことを望んでいて、そのジャンルでいままでそれなりの経験を積んできた実績があるのだとしたら、おそらく新しい会社でもちゃんと役に立てるんじゃないかと思います。
でも、面接まですすんで、経験を生かせる力をみてもらうチャンスがもらいにくい、50代女性となると。
 
歳を重ねることは悪いことでもなんでもないのに、雇う側からしてみれば『おばちゃんが応募してきた』っていう印象なのでしょうね。
私たちにも役に立つか立たないかを見定めてもらうチャンスぐらいほしいです
しかし、こうした世の中の風潮が改善されるのを待っていたら、私たちは本当に働けない歳になってしまうか、世の中から消えているかです。
だとしたら、『おばちゃんが応募してきた、だけどこのおばちゃんこんなことできるの??』となるように、つまりは履歴書に相手の目にとまる資格を連ねるしかないかも。
資格だけあっても仕方がないという見方もあるけれど、資格の欄がまっさらというよりは履歴書の余白をちょっとでも埋めたいですよね。
 
もしも今までの仕事で関連した業務をやっていたのなら、以下の資格は日常生活においても知っていて損のない知識。自分のためにもなるし、今後の転職においても履歴書の上で輝く資格ですよね。

ファイナンシャルプランナー(FP)

家計における金融、税制、不動産、住宅ローン、保険、教育資金、年金制度などの将来の資金計画を立てるサポート業務。
自分の生活にも直結する内容のため、経験がなく仕事に結びつかない場合でもその内容は知っていたら重宝する資格。
金融関連や保険関連のお仕事をしていた場合、今までの経験にプラスすれば転職が有利になる場合もあります。
 

中小企業診断士

試験内容がかなり広範囲に渡る上、実際の仕事でも中小企業の経営状態の調査・分析とその結果に合わせた経営改善計画を立てる経営コンサルタントは、知識と経験に加えて分析力なども必要とされる難易度の高い国家資格。
 

社会保険労務士

複雑な各種社会保険の仕組みを熟知した人事・労務のエキスパート。
上記のどの資格もそうですが、法改正のたびに自分の知識を更新する必要がある。
それを考えただけで私は気持ちが萎えるー!
 
 
私が個人的にこれはとっておいた方がいいなと思っている資格はズバリ、この資格。

MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)

『おばちゃんが応募してきた』と思われたとき、もっとも先方が心配するのは『だってパソコンがダメでしょう??』という先入観。
今は社内でのやりとりがアプリだったりと、ITオンチは致命的。
この資格なら今までの経験とスキルにちょっと勉強してプラスアルファの知識を上乗せするだけでどうにかなるかもしれません。
難易度別に試験がわかれていますが、一つずつでも、是非是非MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)をとりましょう。
先方の社員の方々以上のスキルを披露できたりしたらカッコイイわー。
バブル世代をなめんといてー!やるときゃやる世代なんです!ってところを見せたいわー。