結局ラジオ体操

スポンサーリンク

会社が一斉にお盆休みなわけではないけれど、今の時代でもお盆はお盆。
お盆の週は会社に行っても電話もたいして鳴らないし、業務もそこそこ落ち着いているし、地方出身者は実家に御里帰りで休みをとるから人もまばら。
私も特に予定があるわけでもないけれど、夏休みをこのお盆の週にあてて仕事をお休みすることにしました。

すでに土日から数えると4日目の休日。
本当になんの予定もなかったし、夏バテ気味だしで、この際本気でのんびりリラックスしようと思って、スマホも手にせず、パソコンもあけず、食事も適当で、1日中ひっくり返ってテレビを観て、うとうと昼寝をしたりの生活をしてきました。
こうして朝から晩までテレビを観ていて思ったことは、いかに健康や美容に関する番組が多いかってこと。

そして、ちょっとした健康オタクで影響されやすい私は、どの番組を観ても

ふむふむ、なるほど、やってみよう!

って思っちゃう内容ばかり。

tv

このレシピで無理なくダイエットだとか、この筋トレで免疫力アップだとか、これをやめればあなたもハツラツ生活だとか。
はたまた、肩こり撃退ストレッチや、腰痛の真の原因はこれだとか、夏こそ自律神経を整えて質の良い睡眠をとか。

思わずその食材を買いにスーパーに走りそうになるし、思わず起き上がって一緒に筋トレしちゃうし、思わず普段の生活をかえりみちゃうし、正直キリがない感じ。

これ以上見続けていたらがんじがらめだ~

そこで目にしたのがラジオ体操。
今、ラジオ体操が見直されているらしい。
ラジオ体操は昭和初期に制定されたものらしく、私も小学校のころまでは、夏休みには地域の子供たちと一緒に朝の6時半に集合場所に行って、ラジオ体操をやっていた世代です。
首からスタンプカードのようなものを下げて、参加するとスタンプを押してもらえて、そのハンコが増えていくのがうれしかったような気がします。

中学や高校でもそれなりにラジオ体操は取り入れられていたし、だからこそ、50歳を超えた今でも、小さい頃からすり込まれたラジオ体操第一のほうはカラダが覚えていて、お手本なしでもできそうです。

しかしながら、当時は面倒に思いながらあたり前のようにサクサクやっていましたが、いざこの歳でやってみると、流れは覚えているものの、意外にも

テンポが速くてついていけなーい!

taiso

まさかラジオ体操のテンポについていけなくなる日が来ようとは。
まったくトホホです。

だけど、これはいい運動になるわ。
何十年と愛されてきた体操だけあって、とてもよくできているんですね。
まんべんなくカラダを使うような作りで、ぼんやりとやっていても全身を動かすことができ、これなら血行促進、肩こりや腰痛予防にも効果があるでしょう。
最後は深呼吸でしめるので呼吸も整います。

ラジオ体操第一に比べるとラジオ体操第二は少々ハード。
私はラジオ体操第二をキチンと教わった記憶はないので、お手本を見ながらじゃないと無理ですが、ラジオ体操第一とラジオ体操第二を1日おきに交互にやるなどすれば、もしや運動はこれで十分かも。