力を抜いて素敵なアラフィフになる

スポンサーリンク

50代のアラフィフ女性は、歳を重ねた分、若いころに比べてドーンと来いといった落ち着きが備わってきたように思う一方、もう50代、もう人生後半、これからどうしよう、生き方に困ったーなどといった漠然とした不安やら、毎日のめまぐるしい生活や更年期障害によるホットフラッシュや動悸やめまいなどの体の異変による日々の変化に、何だかちょっとした焦りのような感覚、ありませんか。
私はこうした焦燥感を多少なりとも感じております。
 
こうした焦りや緊張やストレスの蓄積は、肩こりや腰痛、疲れがとれにくい、のぼせ、イライラ、不眠、血圧上昇、自律神経失調などの心身の不調につながります。
これって悪循環ですよね。
 
人って、健康で毎日が充実していて穏やかな日々を過ごしていると心に余裕ができ、心に余裕があると人にやさしくできて自分に自信が持てて心身ともにリラックスした状態となり更に健康で美しく輝きます。
これって好循環ですよね。
 
どうにか好循環にもっていきたい、目指すはリラックス、余裕、好循環です。
 

頑張り続けている自分をちょっと休ませてあげましょう

『さあ、リラックスしてー』と言われたところで、リラックスなんて簡単にはできませんよね。
リラックスとは心身の緊張がほぐれ、力が抜けて、ゆったりとくつろいだ状態のこと。
ストレスや悩みごとをかかえていると心も体も緊張状態で無意識のうちに体に力が入ってしまい全身の筋肉が硬くなり、呼吸も浅くなってしまいます。
その状態が慢性化していると、もはやリラックス状態に入りづらい状態
あららー、かわいそうな自分。
 
そこで故意にリラックス状態をつくって、日々頑張り続けている自分を少し休ませてあげましょう。
休んでいいんだよ、リラックスしていいんだよ、自分、と思って。
 

力を抜いてリラックスするには

いつも肩に力が入った状態で、その肩で浅い呼吸をしている自分の力を抜くには。
一度、体にギュッと力を入れて、次にストンと脱力すると力が抜けた感覚を味わえます。
手も足も首も背中も肩もお腹も背中も、全身『ギュッ』として全身『ストン』です。
時間があるときは手や足や首や背中や肩やお腹や背中の部位ごとに『ギュッ』『ストン』を繰り返すと良いです。
そのとき『今、この部位に力を入れてこの部位の力を抜いている』と意識しながら行うと効果的。
 
以上は以前ヨガで習った方法です。
また、当時通っていた整体の先生によると、この方法を毎日継続することで心身に負荷がかかりにくくなるそうです。
 

深くて大きな呼吸でリラックス

以前呼吸を深めて緊張をゆるめるの記事で呼吸法をいくつかお伝えしましたが、リラックスに必要なのは深い呼吸、大きな呼吸です。
ゆったりとした呼吸を普段から心がけて心と体の緊張をほぐしましょう。
 

まとめ

ヨガに通い始めたころ、筋肉がガチガチに硬くなっていて、もっと力を抜いてーとか、もっと大きく呼吸してーとか言われてばかりでしたが、あるとき先生に、だいぶ力が抜けるようになりましたねと言われたときはとてもうれしかったのを覚えています。
そのときには大きく呼吸をする癖がついていたのだと思います。
今はもうすっかりそんなことは忘れていて浅い呼吸をハアハアやっていますが。
 
大きい呼吸ができれば力が抜けるし、力が抜けるようになれば大きく深い呼吸ができるようになります。
つまりは、心も体も呼吸も筋肉も、すべてがつながって今の自分が出来上がっているということですね。
力を抜くって、案外難しく奥深いことなのだなーと思います。