テレワーク継続のメリットとデメリット

私自身はいまのところテレワークを気に入っている。
これからもテレワークをずっと継続してほしいとさえ思った。
でも、実際、これからずっとテレワークってことになった場合、いったい生活はどう変わっていくのでしょう。
テレワーク継続のメリットとデメリットを考えてみました。

いま現在感じているテレワークのメリット

テレワークの一番のメリットは、みなさまも真っ先にあげるでしょう「通勤時間がない」ことだと思います。
満員電車で長時間、お互い様ではありますが、ギュウギュウにくっついて不快な時間が行きも帰りも。
あの時間がゼロというのは精神的にも体力的にも最大のメリットと思います。

次に、自宅で仕事ができるというのは、ひとりでこもる環境さえととのえばとても集中できる。
会社にいたら電話が鳴る、周囲の会話が耳に入る、来客がある、ミーティングがある、朝礼や夕礼がある。
これらがゼロというのも大きなメリット。

ほかにも、会社にいたら何かと横から雑多な業務を挟み込まれるが、テレワーク中は時間内の業務コントロールが自由にできる。
これもストレス減につながりメリットと言えます。

テレワークをずっと継続した場合のデメリット、こ、怖い!

それほど快適なテレワークなら、これからもずっと続ければいいではないか。
と、私も思っていました。

でも、これからずっと継続した場合、いままでの自分の生活はどう変わって、自分自身にどう影響するのかな。

通勤時間がないことは確かにうれしいけど、もう一生通勤時間がないって、私、なんだかちょっと寂しいわ。

ギリギリ間に合う電車に乗るために、朝バタバタとしたくをして、ようやく電車に乗り込む。
会社の最寄駅に着いたらダムの放水のように各車両から人がわんさと降りる、その中に自分も存在していた。

感染症のことなんて頭になかったあのころ、満員電車って不快でたまらなかったけど、今思えば、あの時間によってオフオン切り替えて、働いている感があったといえばあったかもなあ。

若いひとはそんなこと思わないでしょうけれど、あと何年働くのかと、この先の仕事人生のカウントダウンが始まっている私にとっては、もっともっと年取ったときに、通勤時間って懐かしい場面になるんじゃないかなあ。

train

会社に行かなければ得意な人も苦手な人もなく、誰とも話さないで済んでしまう。
期間限定ならそれもいいけど、この先ずっととなると、やっぱり寂しいわ。

自分はいったいこの先誰と会話できるの??
家族のほかには
買い物先で会計時に「どうもー」
荷物を届けてもらったときに「どうもー」
外食できるようになったとしてお会計のときに「ごちそうさま」
病院の受付で「お願いします」

え?え?これ以上話す相手が見つからない!!

いやいや、友達と会えばいいでしょう。
1日働いて疲れていても、友人との待ち合わせの時間になったら俄然パワーが復活し、さんざんおしゃべりしたあと「またねー」と言って次の約束をしていたじゃないか。

でも、果たしてテレワークで仕事を終えて、それから友達と会うために夜になってうちを出発する気が起きるだろうか。
もう1日終わるんだからこのままうちにいたいなってなりそう。

それに、誰とも会わずにうちにいる私は、たまに会う友達と、何の話があるのかしら。
会話のネタもないかも。

会社も行かない、出かけもしない、ひとにも会わない。

こんな生活に新しい服も靴もバッグも必要ない。
毎日スウェットで生活すればいいじゃん。

誰にも会わないなら美容院も行かなくていいか。

そうだ、化粧の必要もないな。

食べ物??お腹が膨れればなんでもいいや。

げげげ、なんだか怖い。
いいのか、こんなんで。
いやだ!!

gyaa