白髪を改善して美髪になる方法

スポンサーリンク

私の場合30代のころからすでに白髪がちらほら。
50代の今では染めたところで1週間もたてば生え際や脳天の白髪が気になって仕方がない。
あー、白髪を改善して美髪になりたーい!!
 

白髪の原因

白髪の原因は加齢、遺伝、栄養不足、睡眠不足、ストレスなど。
色素細胞メラノサイトはチロシナーゼという酵素をもっており、このチロシナーゼの働きによりアミノ酸の一種であるチロシンをメラニン色素に変化させますが、チロシナーゼの働きが鈍くなると、結果的にメラノサイトの働きが鈍くなりメラニン色素をうまく合成できなくなって白髪になるといわれています。
 
要するに、白髪とはメラニン色素が与えられないまま成長した色のない髪のこと。
 

白髪を内側から改善

加齢や遺伝はどうにもできませんが、栄養不足は努力次第。
とはいえ、1日3食の中であれもこれもは食べられませんので、ここはズバリ、オススメは納豆です。
 
上記チロシナーゼの働きを促す亜鉛をとるには納豆がお手軽。
チロシンの元である亜鉛を多く含む食品には牡蠣、豚レバー、ホヤなどがありますが、これらを毎日食べ続けるなんて難しいですよね。
納豆なら亜鉛のほかにもタンパク質、ビタミン、カリウム、マグネシウム、鉄、カルシウムが含まれ、アラフィフ女性にとってはまさにスーパーフード。
タンパク質は頭髪の主成分ケラチンの原料ですし、カルシウムはストレス軽減効果があり、美しい髪を保つビタミンも含まれています。
おまけに、納豆の原料である大豆には更年期の不調を改善するといわれるイソフラボンも含まれているので一石二鳥。
血液サラサラなど、他にも良いオマケがありますよ。
 
納豆を1日1パック、できたらゴマもかけちゃいましょう、ゴマも亜鉛を含んでいますので。
これならどうにか続けられそうじゃないですか??
 
髪もカラダの一部です。白く生えてきた白髪は黒髪に戻ることはありませんので、ちゃんと髪が黒く生えてくるように、毎日納豆を食べて、良質な睡眠をとって、ストレスをためないようにゆるりとがんばりましょう。
 

白髪を外側から改善

花王が2018年5月に新しいヘアケアブランド「Rerise(リライズ)」を立ち上げ、白髪ケア「リライズ白髪用髪色サーバー」を発売しました。
黒髪色を取り戻す「リ・ブラック」と、自然なグレーに整える「グレーアレンジ」、今のところ色は2種類。
仕上げたいヘアスタイルによって、毛先をすっとまとめたい方には「まとまり仕上げ」、根元からふわっと仕上げたい方には「ふんわり仕上げ」の2種類。
シャンプー後、髪に塗って5分放置してすすぐだけでお風呂で簡単に使え、使うたびに徐々に白髪が色づく。
白髪が好みの色に色づくまでは3日間使用し、その後は根元を中心に週1回程度のメンテナンスでケアができ、繰り返し使っても髪を傷めず、無香性。
皮膚アレルギー試験(パッチテスト)が必要なヘアカラー(医薬部外品)ではないそうです。
容器は押すだけで簡単に使えるサーバータイプ。
 
私の髪が黒系ならさっそく使うところなんだけど、私には色が合わないなー。
茶系を出していただきたーい。