なまけものでもキレイな部屋にできる掃除法

スポンサーリンク

いままでの掃除

掃除機のコードはうっとうしいし、そのコードは短くて、微妙なところで長さが足りず、あっちにさしたりこっちにさしたり面倒くさいし、コードレス掃除機もパワー不足で隅のホコリまでは吸い取らないし、クイックルだけでは限界があるし、やっとの思いでキレイにしたつもりが掃除直後にホコリを発見など、もうイヤってなりませんか??

ルンバやダイソンは高いから、私は掃除にそこまでお金を払う気が起きなくて、それでも、普通のコードのあるパワフルな掃除機に加え、棕櫚(しゅろ)の鬼毛箒を買ってみたり、新幹線でも使われているというマキタのコードレス掃除機を買ってみたり、結構さまざまな挑戦を試みてきました。

コードのあるパワフル掃除機は前述の通りコードの問題に加えて、掃除機本体からでる風でホコリをまき散らす。
マキタのコードレス掃除機でも、これまた前述の通り隅のホコリはパワー不足か苦手な様子。
棕櫚の鬼毛箒は同じホコリをずっと運びながら掃き進めるか、途中でチリトリにホコリをのせてゴミ箱まで行って都度都度捨てるか、これもまた面倒くさい。

何かで読んだ掃除方法も試してみました。
最初にハタキで上から下へとホコリを落とし、そのあと掃除機をかけ、残ったホコリはクイックルで取りきるって方法。
これも2往復3往復しなければならないので面倒くさいし、掃除機をかけたのにまたクイックルってどうなのって気もするし、そこまでやっても部屋の角まではキレイになっていないし。

なまけものでも我が家をキレイにできる掃除法

そしてようやく、なまけものの私でも重い腰を上げるってほど面倒でもない、むしろ今や夢中の掃除法をあみだしました。

用意するものは箒とコードレス掃除機とユニチャームのウェーブハンディワイパー。
まず、スタート地点の部屋の電気のかさやエアコンなど上の方から、棚など中間におりてきて、壁やドアの側面や下の方のでこぼこなどへ、ウェーブハンディワイパーを使ってホコリをパッパカ落とします。
次にそのウェーブハンディワイパーで床を掃くようにして細かいところのホコリもスイスイと集めます。
そこそこホコリが集まったら散らばる前にサッサととコードレス掃除機で集まったホコリを吸い取ります。
ウェーブハンディワイパーより箒がふさわしい箇所は箒に持ち替えて、同じようにホコリが集まったらコードレス掃除機でサッサとホコリを吸い取ります。
私は右手にウェーブハンディワイパーまたは箒、左手にコードレス掃除機を持ちながらやっています。

コードレス掃除機はパワーがないので隅のホコリを取るのは難しいけれど、広場に出したホコリはなんなく吸い取ります。
この方法だとコードのある我が家の掃除機と違ってコードレス掃除機の排気口が本体の上の方についているのでせっかく回収したホコリがまき散ったりしません。
おまけに何度も往復しなくても常に近くにお手軽3点セットがある状態だし、掃くと言ってもチリトリいらずなのでラクラク。
これを読むと『だって3点を持ち歩くなんて、それこそ面倒じゃん』とお思いでしょうが、やってみると持ち歩く感はなく、やっている間に3点セットも勝手に自分と一緒に移動している感じ。
って、誰もそこまで掃除を面倒とも思わないでしょうし、私が知らないだけで、今は高性能な掃除道具がほかにいろいろあるんですけどって話ですね、あはは。

だけど、私はこの方法は楽しいからあまり面倒に感じない上、今まで視界に入らなかったホコリが目に留まるようになり、そのホコリもキャッチしたいという欲が出てきて、コンセント付近をもっとシンプルにすればホコリがたまらないな、などというモノの配置なども改善したくなり、そうこうしているうちに気がついたら我が家が大変キレイになっていました!!

家がキレイだと気分もアゲアゲ!!