スクワット1日10回3セット

毎日欠かさず10回3セットはやるべし!
と自分に課してはいるものの、ちっとも続かないスクワット。
うちと駅との往復の徒歩以外、運動らしい運動とは無縁の私。
その往復の徒歩だって、あんな歩き方で歩いたうちに入るのか??って感じ。

確か、森光子さんも1日にとんでもない回数をやっていらしたというスクワット。
黒柳徹子さんもやっていらしたスクワット。

スクワットってどうやるの??

正しいスクワットの方法

調べてみると、腰を下ろすときに息を吸うという説明のものもあれば、腰を下ろすときに息を吐くという説明のものもる。

うーん。悩ましい。

いずれにしてもスクワットの最中に呼吸を止めてはいけないということは共通項。

私が習っていたヨガの先生は腰を下ろすときに息を吐くと教えてくれたので、私は腰を下ろす時に息を吐き、腰を上げるときに息を吸うパターンでやっています。。
テレビを観ながらでもいいから、日課にしたい、って前から思ってはいるのですが。

  1. 足は肩幅程度開き、つま先を外側に向ける
  2. 手は頭の後ろに組む、または、体の前で組む
  3. 胸を張り、背筋を伸ばし、顔は正面を向け、お尻を後ろに突き出し、そのお尻を真下に落とし、椅子に座るイメージで、呼吸しながら、ひざが足先よりも前に出ないように、ひざをつま先方向に向けてゆっくりと腰を下ろす
  4. ゆっくりと呼吸をしながらもどる

げ、ものすごい注意事項が多い。
しかし、筋肉を刺激すると、同時に成長ホルモンも出るそうです。

万能運動スクワット、やるしかない!!

スクワットが続かない人のお助けアイテム

スマホのアプリで『スクワット』と検索するといくつかのアプリがでてきます。

お手本のスクワットをやっているひとと一緒に時間を決めてスクワットをするアプリや、スマホを持ってスクワットをすることで回数をカウントしてくれるアプリなどがあります。

自分のモチベーションがアップするタイプのアプリを使ってスクワットを継続する作戦もアリですね。

スクワットを本気で取り組む人へのお助けアイテム

正しいフォームで正しく筋肉に刺激を与えたい、本気でお尻や腿やふくらはぎをどうにかしたい場合の健康器具もあります。

スクワットマジック

器具まで買ったからにはやらないわけにはいかないというところに気持ちを持っていくのもひとつの方法かもしれません。

いずれにしても、これからさらに年齢を重ねるのは間違いなく、それに伴い筋力が衰えていくのも避けられない事実。
なんとかして自分に合った方法でこれらの現実に抗っていきたいところ。

大切ではない筋肉などないけれど、特にふくらはぎ、腿、お尻はどれも健康にかかせない大切な筋肉。
運動せずに放置しておくと筋肉が細り

私のように、足をつったり、冷えのぼせに苦しんだり、お尻と腿の境界線が消えたりするのでご注意ください。