夏の体調不良を予防

最近の夏の暑さは尋常じゃない。
体温越えの日が続く夏。

今年のようにクーラーのきいたうちの中にこもっていても、それでもやっぱり体調不良は起きるもの。

毎朝じんましんが出るぅ。

クーラーによる自律神経の乱れを予防、やっちゃいがちな2つの注意点

うちの中で27度設定のクーラーのきいた部屋にいたとしても、自然な27度とは違うんですよね。

自然な27度であれば室内の温度差はそれほどないと思うけど、クーラーによる27度は足元ばかりが冷える。

扇風機も併用して室内の温度を一定にというけれど、それでもやっぱり足元ばかりが冷える。

夏は冷え性にとってキビシイのじゃ

自律神経は温度差に弱く、室内での温度差、涼しい部屋から外へ出ることによる温度差。
こうした温度差を連日感じ続け、ボディーブローのようにいつしか自律神経のバランスが乱れ、

なんか近頃体調が思わしくない。。。

と、なる。

本来夏には自律神経の働きにより、体内に熱がこもらないよう汗をかいて体温を下げようとするもの。
しかしその作用が涼しい室内でも発揮されることでカラダが冷えてしまいます。
さらに外出による温度差で自律神経のバランスが崩れ、だるさ、肩コリ、腰痛、頭痛、めまい、食欲不振、神経痛、下痢、不眠といった不調を招く原因となるのです。

ただ、熱中症予防のためにもクーラーは必須。
そこで、注意すべきは

エアコンの風を直接あてない

エアコンの風が直接あたると、体温が急速に奪われるため、エアコンの風向きを上手にコントロールしましょう。
扇風機を併用している場合も直接風が当たらない向きにして室内の空気を循環させることが大切です。

お風呂上り、すぐに冷えた部屋に入らない

風呂上りは暑くてたまらーん
だからキンキンに部屋を冷やしてあるもんね、ウッシッシ

お風呂上りは即座にキンキンに冷えた部屋に入りたい。
けれど、汗をかいた状態のまますぐに冷えた部屋に入ることはカラダを冷やすことにつながるためご用心。
ただでさえ自律神経が乱れたところで急激に体感温度を変えることは体調不良の原因となります。

また、元来夏は汗をかくべき季節。
汗をかくことも大切です。
汗腺の働きを促すためにも、お風呂を利用して汗をかき、すぐに冷えた部屋に入らずに徐々にカラダをならすようにしましょう。

汗腺を鍛えておかないと臭い汗が出ちゃうぞ

カラダを冷やす夏の食材、食べたい、でも冷える、どうしよう

夏の体調不良を予防するにはカラダを冷やさないことが大切。
これは室温のお話ではなくカラダの中のお話です。

冷房のきいた部屋での夏のメニューは外からも中からもカラダを冷やすこととなりますので要注意。

そうめん、冷やし中華、冷たい飲み物、これらはいかにも冷たいものなので冷え性の方はもともと気をつけているかもしれません。
ただ、うっかりしやすいのが夏野菜。
ナス、キュウリ、トマト、ゴーヤ、オクラ、ズッキーニ、モロヘイヤなどの野菜はカラダを冷やす働きがあると言われています。
とはいえ旬の野菜は栄養価も高く美味しい。

じゃあどうすればいいの?

カラダを温めると言われるしょうが、ニンニク、ねぎ、玉ねぎ、唐辛子、コショウなどの香辛料を組み合わせるなどして上手に取り入れて夏の体調不良を予防しましょう。

そのほか

あとはやっぱりお決まりの原則

    1. 規則正しい生活
    2. バランスの良い食事
    3. 無理のない適度な運動
    4. 質の高い充分な睡眠
    5. ストレスをためない
    6. 湯舟につかる
    7. 笑う

で、生活リズムを整え、自律神経のバランスを整え、免疫力アップです。