50代の冬のファッション

スポンサーリンク

今年は秋が長かったといいますか、なかなか真冬の気温にならなかったので、冬のいでたちになるのが遅かった。
もう手持ちの秋のファッションアイテムはネタ切れ。
早くブーツやコートに合わせた冬のファッションを登場させないとマンネリ過ぎて気分があがらない。
最近一気に冷え込んできたのでいよいよ冬のファッションアイテムの出番がきたのでマンネリから脱出できるぞ。
と思ったけれど、真冬の気温になったらなったで手持ちのものがそうそう豊富にとりそろっているわけでもなかったわ。
それでもどうにか冬装束で気分も冬に突入です。
 

冬のファッション其の壱・ブーツ

ブーツも毎年流行が変わっていくので流行についていく気がある場合は大変です。
いまの流行りはショートブーツ。
くるぶしよりも短めのワイドパンツにショートブーツをコーディネートしたり、ゆるボトムのパンツをちょっとロールアップしてショートブーツに合わせたり、スカートと組み合わせるのもマル。
ヒールはピンヒールはつらいし、歩き方が格好悪くなりがちだから50代ならローヒールかヒールのしっかり目のかっこいいショートブーツが似合いますよね。
今は足が見えるようにショートブーツを合わせるのが主流のようですが、足の見える分量が仕上がりをを左右します。
そのあたりは流行を追いかけすぎず、スカート丈やパンツの長さを鏡の前で吟味し、自分に合うショートブーツとのバランスを調整しましょう。
 

冬のファッション其の弐・コート

上質なウール素材のコートをエレガントに着こなせれば50代として素敵ですよね。
ただ、やっぱり温かいのはダウンジャケット。
私などは室内では上半身が暑くてたまらないけれど屋外では寒くてたまらない。
なので、薄着にダウンを羽織るスタイルが一番調節がきいてありがたいファッションに思えます。
 
ダウンジャケットは失敗すると着ぶくれするわ、ずん胴に見えるわ、おばさんくさくなるわで、ほかで挽回できない全身像になってしまいます。
そこで、ダウンジャケットのデザインはまずシンプルであること。
そしてウエストがしぼられているなどすっきりとメリハリのあるものを選びましょう。
その上で襟元は凝ったデザインにすれば、視線が首元にいくので失敗が少ないです。

冬のファッション其の参・首まわりの小物

50代になると選ぶ色が無難な色、黒やグレーや茶色などになりがちです。
冬に全身地味な色でコーディネートすると、夏と違って覆っている部分が多いので全体が暗くぼんやりしてしまいます。
そこで、ストールやスヌードなど首回りの小物は原色系などの鮮やかな色をさし色とすると全体がしまります。
ほかが地味な色でまとまっていれば派手すぎる雰囲気にもならず、おしゃれを知っている大人の女性といった印象になります。
しかも、小物を取り換えるだけで全体のイメージも変わりますので、いくつか持っているとマンネリも感じさせません。