40代50代からでも経験を積みながら。経理事務のお仕事とは?

40代50代からでも経験を積みながら。経理事務のお仕事とは?

40代50代からでも経験を積みながら。経理事務のお仕事とは?
私がはじめて経理事務の仕事に就いたのは47歳のとき。
以前にも経理部に所属したことはありましたが、そのときは一般事務。
しかも扶養の範囲内でのお仕事で、ファイリングばかりしていました。
が、それも経理事務の経験といえば経験です。

40代のうちに日商簿記3級の資格取得をおすすめする理由
私は40代のときの転職で、30代までの転職との違いを痛感しました。 これまであっさり決まっていた仕事が、まったく決まらない。。。 わたし あれ?私って、もうお呼びでない?? ずいぶん凹みました。 が、目...

経理事務の求人は、40代50代でもあります。
実際、この1、2か月のあいだに2件、派遣会社から経理事務のお仕事の紹介をいただきました。

40代でも50代でもまだ間に合う。
経理の経験を積みながら、経理事務をマスターして、長くお仕事続けませんか??

このブログの内容

長く働くのにピッタリの経理事務のお仕事。そもそも経理事務ってどんなお仕事??

わたし
わたし
【このブログは】
どうにかうまいこと転職に成功できたのは時代のおかげと資格のおかげ。ありがたく思って頑張ってきましたが、その正社員の仕事を辞めてしまった。。。わたしのこれまでとこれからを交えた50代女性のブログです。

経理のお仕事-その1-日次業務

経理のお仕事は毎日行う日次業務、毎月行う月次業務、年度末に行う年次業務があります。

その中の日次業務とは、ざっくりいうと日々発生するお金の動きの管理です。

一般家庭でもお財布に現金が出たり入ったりするように、会社でも現金の出入りがあります。
これを毎日記録し、帳簿上と実際の金額が一致しているかを確認します。

また、一般家庭でも銀行の通帳が紙やWEB上であると思います。
現金を出し入れしなくても通帳には、給与が入っていたり、ちょっと利息が入っていたり、携帯代が引落されたりします。

会社も同様に、現金以外の預金があります。

取引先とのやりとりや水道光熱費や従業員の給与や経費など、現金ではなく普通預金や当座預金を使ってお金が動きます。
こうした預金の入出金管理も日次業務のひとつです。

今はネットバンキングと会計ソフトを連動させることもありますが、その場合も、人間がひとつひとつ内容を確認します。

一般家庭と違うのは、会社の場合は、現金や預金のお金の動きには必ず、伝票や、それに付随する根拠資料が必要となります。

こうしたものを起票、作成するのも経理事務の日次業務となります。

わたし
わたし
「経理のお仕事」と聞いてまずイメージするのが、この日次業務じゃないかなあ。
ともだち
ともだち
そうね、経理事務のスタート部分でもあるわよね。

これらの日次業務を正しく行うことで次の、月次決算、年次決算がスムーズにすすめられるようになります。

経理のお仕事-その2-月次業務

月次業務は月単位での会社の状態を知るためのものです。

月次業務は会社の規模や業種などによって異なる部分も多くあります。

ここで経理事務として理解が必要になるのが「月の感覚」です。
この支払は何月分の仕入か、この入金は何月分の売上か。
この「月の感覚」が間違っていると正しく業務をすすめられません。

わたし
わたし
???

例えば今日が8月1日だったとします。
すると、今日やる月次は7月の月次です。

7月31日までの売上や支払や給与や経費や水道光熱費など、7月が終わらないとわからないため、8月に入ってから7月月次をスタートします。

もしも、7月31日の10時に7月月次をはじめてしまい、7月31日の15時になって売上が発生したら、その売上を7月分として含めることができなくなってしまいます。

そうなると、7月時点での会社の状態を正しく把握することができなくなります。

このとき、対象の売上の入金が8月31日の予定でも9月30日の予定でも関係ありません。
7月の売上かどうかが大切になります。

以上の理由から、7月が終わった8月1日から数日間の決まった期間内に「7月月次」を行います。

経理事務の派遣社員の求人には、「月末月初のみのお仕事です」というものがあります。
それは、月末は支払業務、月初は前月分の把握、これらの動きを簿記のルールに則ってすみやかに行えるよう、人材が必要だからです。

わたし
わたし
なるほど、月次決算ってそういう流れなのか。

経理のお仕事-その3-年次業務

年次決算は会社にとって1年に1度の総まとめです。
月次決算と同様に、1年が終わった翌日から作業に入ります。

年度の中で未処理はなかったかなどを確認し、あった場合は簿記のルールに則って修正をします。
こうして会社として決算書を作成し、税金を計算し、申告、納税を行います。

通常の月次業務もあるため、経理にとっては最も多忙な時期です。
年次決算をスムーズにするためにも月次決算をしっかりと終えておくこと。
そのためには日次業務を正確に行うことが求められます。

わたし
わたし
そうか、だから3月決算の企業は5月ごろに決算発表があるのか。

まとめ

経理に関わる前は、現預金の動き以外に何があるのかと思っていました。
でも経理では、売掛金、買掛金、未払金、未払費用、前払費用などといった、現預金ではない「勘定科目」を使うことで会社の現状を把握できるようになっています。
この法則が簿記のルールです。
これらを理解するためには、やはり日商簿記の資格を取ることが近道です。

わたし
わたし
日商簿記検定って、パズルみたいで面白い。
ともだち
ともだち
数字が好きなひとにはたまらないわよね。

私も経理の最初は派遣社員からでした。
資格で肉付けしながら派遣社員として経理の経験を積みました。

40代50代でもあきらめなくても大丈夫。
まずは「経理未経験OK」のお仕事を探して経理を経験しましょう。
ということで、今回は、長く続けられる「経理事務のお仕事」についてお伝えしました。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました