事務職パートのweb面接とマスク面接を受けたときの体験談

事務職パートのweb面接とマスク面接を受けたときの体験談
記事内に広告が含まれています。

50代の私は経理事務の仕事を探して転職活動中です。
どういう雇用形態で働こうかと、いまだに定まらない状況。

前回うまくいったからと味をしめてフルタイムの正社員採用をあきらめきれません。
時給も高く安心して働ける企業が多い気もして派遣社員も捨てがたい。
もうフルタイムはやめて自分のペースで、地元の中小企業のパートもいいな。

そんな中、地元の中小企業で、ここで働きたいと思う経理事務のパート求人を発見しました。
エントリーしたところ、面接まですすむことができました。

このブログの内容

事務職パートのweb面接とマスク面接を受けたときの体験談

わたし
わたし
【このブログは】
ゆるりと焦ることなく、すきなことをしてすきなものを選んで暮らしたいと願いながら、楽しく生きる方法を模索中のブログです。

「ここで働きたい」という経理事務のパート求人を発見

転職サイトで地元の中小企業の経理事務求人をみていたとき「ここで働きたい!」と思う仕事を発見しました。

雇用形態はパート。

わたし
わたし
正社員と違ってパートは自由度が高い点が魅力。
派遣社員は3年ルール、パートは5年ルール。
相性が良ければ近所で長く働けるかもしれない。
その反面、パートは時給が低いというデメリットがある。。。

何を優先するかということになりますが、今回私は「ここで働きたい!」という気持ちを優先し、地元中小企業の経理事務のパートにエントリーしました。

web面接のお知らせメール着信

翌日、「面接に進めます」というメールをいただきました。
直接応募はやりとりが早いです。

こちらもすぐさま都合の良い日時をご連絡しました。
するとすぐに、web面接についての返信メールが届きました。

web面接はzoomとのことでした。

はじめてのweb面接に備えて

私にとって、zoomで面接なんてはじめてのことです。
zoomの操作ミスやカメラ写りの悪さで落ちることがあるかは不明ですが、最善を尽くしたかったので、家族に協力してもらって事前練習。

相手を見たときのカメラの中での目線を考えたり、自分が画面の中でどんな大きさで写るか、背景に写り込むものなど入念にチェック。
カメラの角度調整、光の入り方、音の聞こえ具合もテストしました。

当日、手元には自分の履歴書と職務経歴書、HPで調べた先方の企業内容と今回の募集条件、こちらからの質問事項のメモも準備しました。

わたし
わたし
web面接の服装も、顔への色の反射や襟元の違いによる印象の良し悪しを考えたりして、何度もファッションチェックしたわ。
ともだち
ともだち
web面接は足元やうしろ姿はどうでもいいから楽よね。
わたし
わたし
そうはいっても、面接なのに下はスウェットっていうのも気分が締まらないから上下とも考え抜いたわ。

実際のweb面接

いよいよweb面接。

指定時間の5分前に、先方からのメールにあったURLをクリックしましたが、画面にはまだ誰もいませんでした。

わたし
わたし
ピシッと座って待つしかないわよね。

ほどなく採用担当者が現れました。

自己紹介からはじまり、あちらからの質問に答えたり、こちらからの質問を求められたりしました。

やはり、地元の中小企業のため、通うことになったらどうやって通うのかという話題も出ましたが、業務内容、会社の環境についてなどがメインとなりました。

30分以上会話をし、結果は後程連絡しますということでweb面接は終了しました。

わたし
わたし
自分でも途中で気づいたけど、なんか調子にのってペラペラペラペラ話過ぎたかも。
ともだち
ともだち
なーんか、web面接って緊張感が足りないのよね。
わたし
わたし
それなのよ!
なんと言っても、ここはウチじゃない??
そして見られているのは上半身の前姿だけ。
細かいところまでは写ってる様子もないし、感覚的には電話に毛が生えたようなもので。。。

対面面接のお知らせメール着信

web面接を終え、1時間ほどしてメールが届きました。

「次の最終面接は弊社事務所にて行います」

わたし
わたし
え??
また面接するの??
パートであっても面接2回か。

実際の対面面接はマスク面接

指定された日時に企業へ行って対面面接をしました。
前回のweb面接と違って、今回は対面面接のためマスク面接です。

かなりカジュアルな会社のようでしたので、パートの面接でどこまでカッチリすべきかわからず、ほどほどにキチンとした服装を選びました。

わたし
わたし
こうしたアドバイスがもらえないのは直接応募のツラさ。
こんなとき、エージェントがいてくれれば。。。

対面面接はweb面接とは別の方だったため、あらためて自己紹介をしました。
面接内容は、経理事務のため、これまでの経理経験、これからの経理業務のすすめ方、資格、スキル、中でも会計ソフトについてはかなり詳しく聞かれました。

困ったのは前職についてではなく、前々職について詳しく聞かれたことでした。

会計ソフトの承認レベルなんてことを聞かれ、3年も前のことだし画面が目の前にあるわけでもないので答えられませんでした。

わたし
わたし
すみません、画面を見ればお答えできるかもしれませんが、今は、覚えていません。。。

そのほかは勤務曜日や時間帯、通勤経路や通勤時間や通勤方法について。

緊張からか、途中のどが渇いてしまい、出していただいた冷たいお茶をマスクをはずして一気飲みしてしまいました。

1時間ほどかけて面接をしていただき、結果は後日ということで終了しました。

わたし
わたし
マスクを着けているから先方の表情がわかりにくく、本当にやりづらかったわ。
ともだち
ともだち
知ってる人とマスクしながら話すのと違って、初対面でマスクは、感情が読み取れないわよね。
わたし
わたし
相手もこちらの表情が読み取りにくかったと思うからお互い様だけど、やっぱ、やりづらかったわ。

経理事務のパート、2次面接の対面面接結果

2次面接の対面面接の結果は3日後にメールで届きました。
スマホでメールを開いたとき、メールの文章の一番下が目に入りました。

「今後のますますのご活躍をお祈り申し上げます」

わたし
わたし
あ、落ちた。

念のため、メールを上から読んでみましたが、やはり、不採用でした。

わたし
わたし
チーー---ン

実は、対面面接の日、もうひとつ、経理事務のパートの対面面接が入っていました。
ですが、同日にふたつの面接は私にはキツイと思いましたし、「ここで働きたい!」と思った会社のweb面接は通過したのだから、この会社に絞ろうと考え、1社はこちらから事前にキャンセルしていました。

今回は2社とも、私にはご縁のない会社だったということでしょう。

わたし
わたし
それにしても、書類は通過、web面接も通過できたのに、対面したら落ちたって、これってどう考えればいいわけ??

ずいぶん凹みますが、気を取り直して出直しです。
自分に合った企業とのご縁は運とタイミングですからね。

ということで、今回は、事務職パートのweb面接とマスク面接を受けたときの体験談についてお伝えしました。