40代50代、転職先での不安な気持ち、新しい会社でうまくやっていけるか

40代50代新入社員

40代50代新入社員
私はこれまで派遣社員として何度か転職してきました。
30代までは新しい職場に行くことなんて、何ともなく、ただ単に「よろしくお願いしまーす」でした。

が、40代になって、転職の難しさを知るころには、転職先でみんなになじめるだろうかと、不安な気持ちを覚えるようになりました。

わたし
わたし
転職先の課では最年長になることも多くなってきた。。。
ともだち
ともだち
右に同じよ。
このブログの内容

新しい職場でみんなになじめるか?40代のとき、50代のとき。

わたし
わたし
【このブログは】
どうにかうまいこと転職に成功できたのは時代のおかげと資格のおかげ。ありがたく思って頑張ってきましたが、その正社員の仕事を辞めてしまった。。。わたしのこれまでとこれからを交えた50代女性のブログです。

39歳で転職したとき

39歳から47歳まで勤めた会社、私の場合、このころから勤務先で自分の年齢を意識するようになりました。

わたし
わたし
この会社ではじめて、年下の社員さんから仕事を教わるという経験をしました。

全体的に若い会社で、彼女も20代でした。
それについては何も気にすることはありませんでした。

ただ、40代を前にした私のなかで、気持ちの変化を自覚するできごとがありました。

それは

その会社に勤めはじめたころ。
広いフロアの端から端までにポツンポツンと配置された4台のコピー機のうちの1台で、ステープル機能を使いたくて、どれだどこだとまごまごしていたときのこと。

他部署の、見たことのない若い女性が現れ、
「ちょっとぉ、どいてもらっていいですかぁ?」
と、言われた、ただそれだけのこと。

なのに私は、

わたし
わたし
がー----ん

別に、彼女の言い方に悪気があったかなかったかはどちらでもよく、どうにもこうにも、ああ、自分は年取ったんだなーと感じてしまい、その言葉の雰囲気が、とんでもなくショックだったのです。

みんながそうなわけではないでしょうが、私は、20代から30代や、40代から50代と比べて、30代から40代になるとき「いよいよ大台にのる」感を強く感じていました。
すでになんとなく、周囲の自分への扱いに変化を、野生のカンのようなものが感じ取っていたのだと思います。

わたし
わたし
なんか、これまでの会社と扱われ方が違う。。。
ともだち
ともだち
そんな、あんた、それしきのことで。
わたし
わたし
いや、若さだけでやってきたツケよ。

その会社では、昼休みの終わりごろになると、お手洗いの鏡の前に、女子社員がズラリと横に並んで化粧直しをしていましたが、もうその若い女子の中に、私はとてもじゃないけれど入り込んで化粧直しはできませんでした。

わたし
わたし
ま、まぶしすぎる。。。あとにしよ。
ともだち
ともだち
いまじゃあ、マスクで顔半分隠れているのをいいことに、化粧直しもしないけどね。

仕事を教えてくださった20代の女性社員はステキな方でしたし、ランチに誘ってくれたりもして、良くしていただきました。

同年代の仲間がいたのも大きかったです。
派遣法の期間制限がなくて、会社側が契約更新を続けてくれていたら、もっといたかった職場でした。

47歳で転職したとき

47歳の転職のときは、年齢差でなじめるかどうかより、はじめての経理業務の職場に乗り込むということで、そちらの意識が人間関係の不安を上回っていました。

40代後半で日商簿記2級を取得、50代で正社員になれた理由
いまはまた無職となりましたが、先日まで勤めていた会社は、50代の私を正社員にしてくださいました。 それは、40代後半で取得した日商簿記2級の資格と40代後半からの経理経験と、普通のキャラクターが、たまたまマッチする求人に出...

いま振り返ると、この会社は、私よりもっともっと年上の方がたくさん働いていました。
正社員、契約社員、派遣社員、パート社員、業務委託、いろいろでした。

そのせいか、この会社は、年齢を気にしている人があまりいなかった気がします。
おかげで私も、この会社では年齢を気にすることもなく、本当にのびのびとお仕事をさせてもらいました。

52歳で転職したとき

これまではだいたいが大企業での派遣社員という立場でしたが、今度は中小企業の正社員です。
52歳の新入社員として、いったいどんな態度をとればいいんだろうと思っていましたが。

この会社は、生き残るために必死の中小企業。
私個人がどうしようと、何を考えようと、まったく関係なし。

みんなが自分のことで精いっぱい。
同年代がどうしたとか、仲良しこよしをやっている場合ではないムード。

雰囲気はかなりギスギスとしたものがありました。
ひとつでも失敗しようものなら、いえ、失敗していないのに失敗と判定されないように、緊張感マックス。

そのため私も、みんなのことをどうのこうの思うこともなく、ひたすら、失敗したとみなされないように気をつけて働きました。

わたし
わたし
勉強になりました。

まとめ

このように、みなさんもこれまでの転職人生を振り返ってみると、きっと会社によって、うまくなじめたりなかなか難しかったり、それぞれだったのではないでしょうか。

40代50代だからという理由で人間関係がむずかしくなるわけではなく、そこに所属するひとたちが作る社風と自分の相性なのかもしれませんね。

わたし
わたし
個人的には共感しあえる仲間がひとりでもいてくれれば、どうにかやっていける気がする。

みなさんも、次に行く会社の情報は事前にできるだけ収集し、ここと決めた会社に採用されて、そこで共感しあえる誰かがいてくれると良いなと思います。

\企業の評判・口コミなら転職口コミサイト/
テキストのコピーはできません。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました