40代50代事務職、転職先でのクヨクヨ、人間関係や仕事内容に不安

40代50代新入社員
記事内に広告が含まれています。

私はこれまで派遣社員として何度か転職してきました。
30代までは新しい職場に行くことなんて、何ともなく、ただ単に「よろしくお願いしまーす」でした。

が、40代になって、転職の難しさを知るころには、転職先でみんなになじめるだろうかと、不安な気持ちを覚えるようになりました。

わたし
わたし
転職先では上司が年下になることも多くなってきたし。。。
このブログの内容

新しい職場でみんなになじめるか?仕事についていけるか?40代のとき、50代のとき。私の場合の体験談。

わたし
わたし
【このブログは】
ゆるりと焦ることなく、すきなことをしてすきなものを選んで暮らしたいと願いながら、楽しく生きる方法を模索中のブログです。

39歳で転職したとき

39歳から47歳まで勤めた会社、私の場合、このころから勤務先で自分の年齢を意識するようになりました。

わたし
わたし
この会社ではじめて、年下の社員さんから仕事を教わるという経験をしました。

大企業でした。
全体的に若いひとたちで構成された会社で、私に直接仕事を教えてくれて指示を出す役割だった彼女は20代でした。

私がもしも逆の立場だったら、と考えると。
ひと回り以上年上の派遣社員に指示を出したりは戸惑うこともあったのではと思います。

それなのに、彼女はとても気持ちよく接してくれて、感謝するのみです。

ただこの会社で、40代直前の私にとって、気持ちの変化を自覚するできごとがありました。

それは

その会社に勤めはじめたころ。
広いフロアの端から端までにポツンポツンと配置された4台のコピー機のうちの1台で、ステープル機能を使いたくて、どれだどこだと私がまごまごしていたときのこと。

他部署の、見たことのない若い社員が現れ、

ともだち
若い社員
ちょっとぉ、どいてもらっていいですかぁ?

と言われた、ただそれだけのこと。

なのに私は、

わたし
わたし
がー----ん

別に、彼女の言い方に悪気があったかなかったかはどちらでもよく、どうにもこうにも、ああ、自分は年取ったんだなーと感じてしまい、その言葉の雰囲気が、とんでもなくショックだったのです。

みんながそうなわけではないでしょうが、私は、20代から30代になるときや、40代から50代になるときに比べて、30代から40代になるときが最も「いよいよ大台にのる」感がありました。
そのせいかなんとなく、周囲の自分への扱いの変化を、野生のカンのようなもので感じ取ったのだと思います。

わたし
わたし
あれれ、なんか、これまでの会社と扱われ方が違う。。。

その会社では、昼休みの終わりごろになると、お手洗いの鏡の前に、女子社員がズラリと横に並んで化粧直しをしていましたが、もうその若い女子の中に、私はとてもじゃないけれど入り込んで化粧直しはできませんでした。

わたし
わたし
ま、まぶしすぎる。。。あとにしよ。

そんなこんなで半年ぐらいはクヨクヨウツウツと過ごしました。
が、なぜか、いつの間にか馴染むことができるようになっていきました。

わたし
わたし
なんで馴染めた???

47歳で転職したとき

47歳の転職のときは、はじめての経理業務についていけるかという不安が、人間関係の不安を上回っていました。

ピンチはチャンス、自分に合った資格を取得して自信をつける
経理の仕事に就いたのは47歳のときでした。 そのときの私は、31歳で取得した全く覚えていない日商簿記3級の資格と、ほぼ一般事務の経理部所属経験だけでした。 当時、一般事務で転職しようとしたのですが全く仕事が決まらず、そこで、方向転換し、はじ...

入った当初は経理業務についていけないだけではなく、社員からのアタリもきつかった。。。

派遣社員から社内試験を受けて契約社員に上がったという彼女は、私を快く思っていないことは態度でわかりました。

わたし
わたし
きッ、きつい。

どうして必要以上にきついのか理由がわからず、私が何かやらかしちゃったのかと悩みました。
唯一同じ立場のはずのもうひとりの派遣社員は、かなり優秀で、いろいろな意味でクヨクヨする私の気持ちに共感してくれそうもない気がして、打ち明けられず。

  • 仕事に自信がない。。。
  • ひとりぼっちで孤独。。。

わたし
わたし
こんなんで続くんだろうか。。。

年齢も年齢ですし、せっかく得た仕事を簡単に手放すわけにもいかない。
ここであきらめたら、これからだってあきらめ人生になりかねない。

せめて、仕事でみんなについていくしかない。
そのためには、勉強して追いつくしかない。

そう思って資格試験に向けて勉強をはじめました。
1度は不合格。
実際のところ、イヤイヤ会社に通いながらの勉強でしたので、簡単ではありませんでした。
でも、資格をとれたことで自分の気持ちは変わったように思います。

独学で資格取得、事務職にプラスアルファ、日商簿記に合格した私の勉強方法
40代になって転職をしたとき、30代までは苦労しなかった一般事務の仕事がなかなか決まらなくなりました。 事務職の場合、プラスアルファのスキルを持つことで、自分のアピールポイントとなり、次の仕事が決まりやすくなるようです。 悩める 事務職員

その後、アタリがきつい彼女は、更に社内試験を突破し、契約社員から正社員になりました。

いつしか、彼女の私に対するアタリがゆるくなって、というより、むしろ仲良くなって飲み友達に。
いまでもたまに会う仲です。

わたし
わたし
ねえねえA~、最初ものすごくキツくなかった??
私に!
Bさん
頑張って
正社員になった
Aさん
そう、そう、そうだよね。
ごめん、ハハハ。

わたし
わたし
もういいけど、意識的にしていたのか。。。なぜだったんだろ???

52歳で転職したとき

これまではだいたいが大企業での派遣社員という立場でしたが、今度は中小企業の正社員です。
52歳の新入社員ってどんな態度をとればいいんだろうと思っていましたが。

初日はみんなの前で自己紹介でもするのかと思いきや、そんなものはなし。

Dさん
従業員
パソコンその箱だから出してセットして。
わたし
わたし
は、はい!

こんなスタートでした。

ここでは私個人がどうしようと、何を考えようと、まったく関係なし。

みんなが自分のことで精いっぱい。
同年代がどうしたとか、仲間がほしいとか言ってる場合ではないムード。

前任者不在のためマニュアルもないし、引継ぎもないし、無理難題を言われているような?
それに対し、少しでも何か言おうものなら100倍になって返されそうな?
間違えていなくても間違えていると怒られることもあるような?
職場環境はいいとは言い難いような?

わたし
わたし
あれれ、ここ無理かも。
騒がしくて仕事に集中できないし。
時間が経ってもここに馴染むのは難しいかも。。。

と思っていたところでコロナ禍となり、在宅勤務になりました。

わたし
わたし
困惑することだらけの会社なのに、自分で好きなように組み立てて完成させていく業務。
在宅勤務で集中してこの仕事ができるのはとてもシアワセだ。

あのとき早まって辞めなくて良かった、と思いました。
在宅勤務なら仲間がいなくても大丈夫。

56歳で短期のパート

初日楽しくはじまった短期のパートも、実は2日目以降しばらくの間はクヨクヨしていました。

40代以降一般事務の仕事が決まらない、と思ったけど短期なら見つかる?
経理事務の仕事を続けてきた私ですが、わけ有って会社を辞めました。 その後、直接雇用の経理事務の仕事を中心に自力で探そうとこころみたものの、なかなかコレ!と思う仕事にあたらず。 というか、私はコレ!と思っても、企業側が私のことをコレ!とは思っ...

2日目からは、これまで何年かやってきたベテランの中に新人がひとりずつ入ってグループで作業を行う形だったからです。
ベテランの方たちがイヤだったわけではなく、自分だけがのろまで、のろまな自分がイヤで慌てた結果ミスる。

数日してベテランたちと同じペースで業務を行えるようになったところで、私のクヨクヨはおさまりました。

56歳で転職して3カ月

そして今、転職して3カ月が経ちました。

実はいま、会社のことを考えるのが苦痛状態。

  • これまで以上に転職先の「お作法」にまごついている
  • 仕事の内容というより、進め方のルールに四苦八苦
  • ITを駆使した業務のスピード感についていけない
  • 人間関係もまったくと言っていいほど築けていない

昔を懐かしんでばかりいる有様です。

わたし
わたし
あの会社は良かったなー

理由があって辞めたはずの会社たちが懐かしくてたまらない。
良かった面ばかりが浮かびます。

ですが、私は学びました、たった今。

こうして歴代の転職後の状況を並べてみたら、自分がどういうときに会社を辞めたくなるのかがわかりました。

  • プライドが邪魔をする
  • 仲間がいないとツラい

このふたつです。

プライドが邪魔をする

仕事ができない自分がイヤ。
みんなについていけない自分がイヤ。
追いつこうと慌てて更にミスる。
自信喪失で仕事なんてキライ。

プライドも多少は必要だとは思います。
だけど、急ぎすぎてミスって、ますます自己肯定感をさげているのでは本末転倒??

今回の職場はこれまでで一番、若い人だらけの会社です。
ほとんどが20代30代です。

わたし
わたし
若い人たちにも早く認めてもらいたい。。。
「やっぱりオバサンは使えない」なんて思われたくない。。。

わたし
わたしが
わたしに
アドバイス
いやいや、若い人たちにそこまで意識されてないし!
それに「やっぱりオバサンは使えない」って思われたとしてもいいよ。
クビになっていないんだから、それでいいよ。
わたし
わたしが
わたしに
アドバイス
慌てなくていいし、焦らなくていいし、ひとつひとつだよ、いきなりできるわけないよ、呼吸して力抜いて、大丈夫、落ち着いて、どんまい、のびのびやろうよ

仲間がいないとツラい

これは私にはとても大きいことです。
気持ちを吐き出し合って、「わかる~!」って共感しあって、「明日もがんばろうね!」と言い合える仲間がひとりでいいからいてほしい。

が、20代、30代ばかりの中でこうした仲間を見つけることは今回はあきらめるしかないですね。。。

まとめ

歴代の転職後の状況を並べてみて、これまで辞めずにいたらどうにかなってきたことにも気づきました。

わたし
わたしが
わたしに
アドバイス
これまでのパターンから、半年ガマンすればどうにかなった。
小さなことは気にせず笑顔でスルーしていれば、きっと今回もどうにかなる!

そう信じて、あと3カ月、頑張ってみようかな。

以上、40代50代事務職、転職先でのクヨクヨ、人間関係や仕事内容に不安について、私の場合でした。

これまでのことを洗い出してみると、自分でも気づかなかった理由がクッキリ浮かび上がることってあるんですね。