40代50代ピンチはチャンス、自分がとりやすい資格を取得し自信を取り戻す

資格をとって自信を取り戻す

資格をとって自信を取り戻す
経理の仕事に就いたのは47歳のときでした。
そのときの私は、31歳で取得した使ったこともない日商簿記3級の資格と、経理経験はといえば、1年ちょっと所属した経理部での一般事務だけの状態でした。

40代のうちに日商簿記3級の資格取得をおすすめする理由
私は40代のときの転職で、30代までの転職との違いを痛感しました。 これまであっさり決まっていた仕事が、まったく決まらない。。。 わたし あれ?私って、もうお呼びでない?? ずいぶん凹みました。 が、目...

一般事務で転職しようとしても見向きもされず、そこで、方向転換し、はじめての経理事務を目指すべく、経理専門の派遣会社に登録しました。

ある日見つけたひとつのお仕事を、どうしても私にまわしてほしくて、派遣会社に出向く日にちを前倒ししてもらいました。
そして、あらかじめプリントして持参した求人の紙を見せて

どうしてもこの会社で経理の仕事をしたいんですけど!!

と、いま思えばおばさんパワー全開だったかもしれませんが、必死に訴えました。

わたし
わたし
強い思いで臨んだのはムダではなかった。無事、念願の会社で経理の仕事をさせてもらうことになりました。

しかし、その後、バリバリの経理男子とバリバリの経理女子のなかに入るのは、ココロが大変ツラかった。。。
なぜなら、経験不足を自覚していた私には「自信」がなかったからです。

このブログの内容

40代50代ピンチはチャンス、自分がとりやすい資格を取得し自信を取り戻す

わたし
わたし
【このブログは】
どうにかうまいこと転職に成功できたのは時代のおかげと資格のおかげ。ありがたく思って頑張ってきましたが、その正社員の仕事を辞めてしまった。。。わたしのこれまでとこれからを交えた50代女性のブログです。

47歳、はじめての経理業務

その時点で、派遣先が私の経理経験についてどの程度と思って雇ってもらえたのかはわかりません。
ですが、入ってしまえばお客様じゃあるまいし、みんなと同じレベルで働くことを要求されるでしょう。

いざ実戦。
日商簿記3級については何ひとつ覚えていませんでしたので、16年ぶりに復習して挑みました。

毎回そうですが、新しい会社にお世話になるときは、ひとの名前と顔と所属を覚えるだけでも大変なのに、今回は初めての経理だし。
覚えることはたくさんありました。

が、意外にも、会社独自のやりかたを覚える感じで、正直、簿記を使ってはいるものの、簿記を理解していなくてもこなせるものでした。

わたし
わたし
経理ってそれほど簿記を使わないのか、びくびくして損したわ。

そうやって最初は調子にのりそうでしたが、だんだんと慣れてきて周りを観察する余裕が出てきたとき、どうも私は簡単な仕事しかまわされていないことに気づきました。

みんなは難しい業務をこなしている。

みんなが打合せで話している内容がよくわからない。

10歳以上も年下の上司に呼ばれて、ちょっとした質問をされただけで、あわあわする。

わたし
わたし
自分だけ。。。ダメじゃん。。。

あれ?私って一般事務だったの??経理業務で雇われたんじゃなかったの??

経理部では同世代の友達ができました。
彼女は日商簿記2級の資格をもっていて、もう何年も経理の仕事に就いているとのことでした。
難しい業務もちゃんと任されている彼女が「デキるヒト」であることは、彼女への周囲の接し方でもよくわかりました。

その友人と食事をしていたとき、ギョッとすることがありました。
それは、当時の派遣法における「専門26業務」について話していたときのこと。

ともだち
ともだち
私は専門26業務で雇われている派遣だけど、あなたは??
わたし
わたし
。。。
(もしかして、私って今回も一般事務だったの??)

全然こんな感じ悪いやりとりではありませんでしたが、要約するとこういうことでした。

雇ってもらえたのなら一般事務でもうれしいのですが。
ただ、今回は経理専門の派遣会社に経理狙いでお願いしたわけだし。

当時、派遣は業務内容により、専門26業務であれば無期限、それ以外の業務は3年期限というくくりがありました。
経理業務は微妙で、経理財務としての契約であれば無期限、一般事務的経理事務の契約であれば3年期限。

呆然としました。

わたし
わたし
だから、私だけ簡単な作業がまわってきてたのか。そういえばファイリングは全部私がやってるし。

※派遣法は何度か改正されていますが、2015年の改正では、専門26業務は撤廃され、業務内容にかかわらず、すべての業務において3年が派遣期間の上限となりました。

自分に自信をもつために、48歳で取得した資格

派遣会社との契約書を見直してみたところ、私も専門26業務、一般事務ではなく経理財務として雇ってもらっていることが確認できました。

いつまでも「経理未経験の私」と自信なく仕事をしているから、いちいちココロが乱れるわけで。

簡単な仕事やファイリングなどの一般事務的なことが私にまわってくるのは、その経理部内では私が新人だったから、ただそれだけでした。

でも、この先、ちゃんと仕事を任されたいなら勉強するしかありません。
打合せの内容がわからないのなら、わかるようになるしかないし、上司にキチンと説明できるようになるには知識を増やすしかありません。

そうすれば、経理部の一員として、自信が持てるに違いない。

ここまできたら、年齢は関係ありません。

わたし
わたし
よし、日商簿記2級に挑戦しよう。
40代独学で資格取得、事務職に役立つ日商簿記に合格した私の勉強方法
Aさん 40代で一般事務やってます。今度転職しますが、役立つ資格って何でしょう。 Bさん 50代の経理をやっている私からすると、事務職に役立つ資格は日商簿記だわよ。 Bさん ...

仕事を覚えながら、休みの日を使って独学で頑張りました。

日商簿記3級も復習しつつ、日商簿記2級の勉強をし、1度は不合格。
2度目でようやく合格することができました。

資格を取得して変わったこと

就職活動をすればことごとく落ち、50代を前にして個人的にもさまざまな変化があり、いろんな意味で自信をなくしつつありました。

わたし
わたし
いまさら勉強なんて。。。
わたし
わたし
いまさら資格なんてとったところで。。。
わたし
わたし
だいたいもう頭がまわらないよ。。。

そんな声も耳元に聞こえたけれど、

頑張って資格が取れると、やっぱり少し自分に自信が持てます。

その後、この資格を使って転職して正社員になりました。

40代後半で日商簿記2級を取得、50代で正社員になれた理由
いまはまた無職となりましたが、先日まで勤めていた会社は、50代の私を正社員にしてくださいました。 それは、40代後半で取得した日商簿記2級の資格と40代後半からの経理経験と、普通のキャラクターが、たまたまマッチする求人に出...

40代50代以降の転職の際、「一般事務」一本やりだと20代30代にはかないません。
が、逆に、幅広い一般事務経験から派生する専門的資格も多いと思います。

私の場合はたまたま経理の方向にいきましたが、人事や総務、法務や経営企画の経験があれば、資格を追加することで転職につながることもあります。

【管理部門特化型エージェントNo.1のMS-Japan】

役立つ資格を取ったんだ!というだけで転職に立ち向かうチカラがわきます。

わたし
わたし
この歳で頑張って獲得できた資格だからこそ感じる「自信」かも。

自分のこれまでの経験に合った資格を取得して、自分に自信をもって、ここぞというときにそのチャンスをつかめるように。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました