50代転職で正社員。勤めた中小企業での経理事務お仕事体験談

50代で転職して正社員、はじめての中小企業でひとり経理

50代で転職して正社員、はじめての中小企業でひとり経理

わたし
わたし
正直なところ、52歳で入社した当初は1か月続かないと思ったよぉ。
ともだち
ともだち
え?!そうなの?!それはなぜ??
わたし
わたし
話せば長くなるので、このブログを読んでみてちょーだいな。
このブログの内容

50代転職、正社員として勤めた中小企業での経理はこんな感じでした。

わたし
わたし
【このブログは】
どうにかうまいこと転職に成功できたのは時代のおかげと資格のおかげ。ありがたく思って頑張ってきましたが、その正社員の仕事を辞めてしまった。。。わたしのこれまでとこれからを交えた50代女性のブログです。

40代まで正社員や派遣社員として大企業メインで働いてきたので、最初はギャップにビックリ

50代で正社員として迎え入れてくれた会社でしたが、最初はこれまでとのギャップに悩まされました。

その会社は従業員100人程の会社でした。
内勤は約20人。

これまでの転職では、初日には、パソコンも文房具も整った状態のデスクを私のために用意してくれていました。
それがあたりまえと思っていた私は間違っていました。

ここでは、用意されていたのはデスクとダンボールに入った中身が空のパソコンだけ。
ダンボールの開梱から、Microsoftの設定も、情報システム部があるわけないので自分。

空のパソコンにはOfficeのライセンスを買わせてもらって入れました。

ほかのみんなはそれぞれの業務で殺気立っていて、誰も声をかけてくれないし、質問もできず。

わたし
わたし
変な汗が出てきた、内心半泣き。。。

経理部は存在していなかったので、引継ぎはナシ。
税理士事務所が入力した過去データだけが頼りです。
電話の短縮に入っていた顧問税理士事務所に電話をして自己紹介がてら会計ソフトをインストールしてログインできるようにしてもらいました。

わたし
わたし
入社してはじめて人とまともに会話をした気がする。
なんか、孤独。。。
はぁ、派遣社員時代は楽しかったなあ。。。

とにかく騒がしい会社でした。

誰かが誰かをどなりつける声、同時に張り詰める空気。
外勤が入ってくるとキャアキャアとサークルのようなやりとり。
社長が席に戻るとピリピリと静まり返っていました。

わたし
わたし
なんだかものすごい緊張感。
ついていけないかも。。。
でも、また転職活動かと思うと安易には辞められない。。。

40代まで経験してきた正社員や派遣社員でお世話になった大企業系とは何から何まで違うようで、毎日が辞める辞めないの葛藤の日々でした。

50代で正社員としてひとりで経理、いわゆるブラック企業だったかもしれないけれど楽しかった

どうにか環境も整って、大企業と違った中小企業の必死さを学んだころから、ひとり経理の楽しさを感じ始めました。

Dさん
上司
会計ソフトはわかりにくいからエクセルでわかりやすくしてよ。

この要求にこたえるべく勤めました。

わたし
わたし
そういうことならあらかじめ、CSVに変換して会計ソフトに取り込みしやすい形のエクセルにすれば効率がいいはず。
ここは細かすぎる具体例です
今後のための自分メモでもあるので読み飛ばしてください

まず、会計ソフトから、過去の入出金データをダウンロードし、その形で入出金管理表をエクセルで作成。
こうすることで逆にアップロードするときに作り直さずにすみました。

別シートに銀行の入出金データCSVを貼り付ければ入出金管理表にデータが飛ぶように作りました。

債権債務についても会計ソフトから過去データをダウンロードし、合わせたエクセルで債権債務管理表を勘定科目ごとに作成しました。

過去の請求書を探し出して売掛金管理表を完成させたり、支払予定を洗い出して買掛金管理表やそのほか、未払金、未払費用、前払費用、前受金、未収金などを作成しました。

できあがったそれぞれの管理表を貼り付ければ財務諸表が完成するようなエクセルも作りました。

ここでできたエクセルの財務諸表と会計ソフトでできた財務諸表を一致させることで間違えを見つけられるように設定しました。

中小企業は、ともすれば小さいと思われるような取引についてもつなぎとめるのに必死です。
小さな積み重ねが生きのこれるかどうかを左右するからです。

エクセルであれば簡単に共有でき、作業の依頼者自身も数字を変えてシミュレーションができます。

経営判断の指標を自分が作っているのだと思うと、これまでにないやりがいを感じることができました。

ただ、正社員になると、人手が足りない部分は正社員同士で助け合い。
派遣社員のように、契約業務外ですとは言えません。
経理で入社しても経理以外の事務作業も任されることがあります。

あと、問題は社風。。。私も何度か怒鳴られました。

それでも、自分が組み立てた会社の数字。
愛着がありました。

50代になって、はじめての中小企業でのひとり経理。
いろんなことが勉強になったし、楽しかったし、少しだけ自信がつきました。

50代、ひとりで経理をやるなら中小企業で正社員

このように、ひとりで経理をやるなら小規模な企業で正社員がおすすめです。

特に、経理経験が豊富であれば、50代でも連絡をくださる企業があります。

ただ、私は途中から在宅ワークになったので続けられた部分が大きいかもしれません。
それでも、ひとり経理であれば、それほど皆さんと接点もなく、ひたすらもくもくと業務を遂行するのみです。

40代50代になりますと、経理事務で大企業の正社員はなかなか門戸が狭いです。
正社員をめざすなら、中小企業のひとり経理はねらい目ともいえるでしょう。

\スマホで簡単、中小企業のお仕事探し、リクルートが運営する転職サイト、年代別も探しやすい/

50代、みんなと経理をやるなら派遣社員

みんなで作る経理であれば派遣社員がおすすめです。

派遣社員は自分が任された部分の知識が非常に深まります。
転職サイトを見ていると「売掛金管理経験者」といった、具体的な応募条件が書かれていることがあります。
こうした場合は派遣社員として専門的に売掛金管理をしてきていれば、自信をもって応募できます。

派遣社員は任された部分のみをキッチリ遂行し、みんなと合わせて円が完成するようなお仕事。

50代も経理の経験と資格があれば、派遣会社から紹介のお話があります。
みんなで経理をやるなら、派遣社員がおすすめです。

\日本全国、数万件のお仕事を掲載する「リクナビ派遣」/

ともだち
ともだち
なるほど。
孤独との闘いのほか、いろいろな苦悩を乗り越え、3年間勤めあげたわけね。
わたし
わたし
そうなのよ、だから次は派遣社員に。。。
と、言いたいところだけど、派遣社員は期限付き。
そして正社員は冒険付き。
となると、多少時給が安くても経理のパートもありかな。。。
と悩んでいるわ。
ともだち
ともだち
そうかそうか、今は別の苦悩をかかえているのね。
一緒に頑張ろう、転職を目指す40代、50代、60代、70代・・・。
定年だって延びてきたのだ、時代も変わるぞ。
わたし
わたし
それなら時代よ、早く追いついて。

\40代、50代、60代正社員・契約社員・業務委託・派遣社員・アルバイト・パートの紹介・見学・面接・入社まで専門スタッフによる丁寧なサポート/
OKジョブシニア

\都内で働くことを希望する30~54歳の就職・転職をサポート/


テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました